スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は帰国。

2016/02/26


早いもので、グアテマラ最後の1日
朝は、ハイメの妹さん夫婦が
朝食に招待してくれました。

ここ、ボランティア時代には
知らなかったのだけど
かなり素敵なレストラン。
そりゃー、こんなゴージャスなところ
ボランティアには似合いませんから
知らなくて当然でしょう。

最初のコーヒーから感動の美味しさで
食事も美味しかったし、
雰囲気も最高でした

グアテマラでもアンティグアだったら
こんな感じのところはあるけれど
シェラではなかなかないでしょう。

こんな素敵なところに招待してくれて、
また来てねって言ってくれる
デボラとホセに大感謝

desayuno1.jpg



その後、
グラディスさんの家に遊びに行きました。
そこで、
旦那さんのダニーに絵を描いてもらい
(ちょっと教えてもらいながら私もやってみました)、
娘ちゃん二人をお迎えに行って、
みんなでランチを食べて
遊んで、
楽しいひと時でした。

今日のランチ。
P1150381.jpg
美味しかった〜


グラディスさんの家に行くと
必ず
一家総出で迎えてくれます。
グラディスさんのお父さんとお母さんも必ず来てくれて、
暖かなおもてなしをしてくれるのです。

そして
子どもたちの可愛いこと!!!
ここはいつもハッピーファミリー!

P1150382.jpg

末っ子のノエ
P1150391.jpg
やんちゃでかわい〜っ


夕方には、
ハイメとエマヌエルが迎えに来てくれて
(なんだがVIP気分
お土産のコーヒーを買ったり、
3人でお茶したりしました。

そのまま・・・

夜は、日本大好きマヤの家に行きました。
DSC_0031.jpg


ここでもいつもの通り
大歓迎を受けて、
日本のお土産を渡したり、
グアテマラのお土産を渡されたり、
家族みんなでワイワイお話をしました。
DSC_0039.jpg


まだまだ会いたかった人がいたのに、
10日間の滞在では
短すぎました

明日はとうとう帰国します
スポンサーサイト

サプライズ その②

2016/02/25


夜、
アンヘラちゃんのお家で
夕食会がありました


その前に
ボランティアをしていた時に
お世話になったアンへリーナの家へ。
そしたら、
挨拶だけするつもりが
「おいで、おいで」と
夕食をいただいてしまった・・・
(夕食会の前に)

ここは、いっつも暖かく迎えてくれる家庭で
みんなが本当に優しい


今日はアンへリーナと、
娘のマリソル家族がいました。
あんまり時間はなかったのですが
みんなで楽しくおしゃべりして過ごしました。


その後、本当の夕食会
(2回目の夕食)


お家に着くともうみんながいて
夕食の用意ができていました。
そして、
リディアが作ってくれたこのディナーの美味しかったこと!
chavo1.jpg

2回目の夕食だったのに
ペロリでした。
これだから、こっちに来ると太ってしまうのですね〜


そして、
この夕食会のサプライズは
これだけではありませんでした


私の友人のバシリオを呼ぶって言っていたのに
「今日は来れない」って
アンヘラちゃんが言ったのです。

それ、
残念すぎる・・・と
悲しくなったのですが

夕食会が始まって
少ししたら

何か物音がする

お父さんのエンリケが
「猫か?」っていうから
入り口の方を見たら

手が・・・・

エーーーーーーっ

ここにみんないるのに、

やばい!!!


と思っていたら

何とバシリオが
メキシコのコメディアン Chavo del Ochoの格好をして入ってきたのです!

もーこれには感激

chavo2.jpg


私だけでなくて
みんなが大喜び

この、Chavo del Ochoは
グアテマラでも大人気のコメディーなのです



みんなでおしゃべりして
最高の夜を過ごしました。
chavo3.jpg

サプライズ その①

2016/02/24


今日は午前中、
アンヘラちゃんとカティーちゃんと一緒に
プールのあるチコビッシュというところで
遊ぶ約束をしていたのです。

そこには最近キャノピー(ロープに吊り下がって滑り降りるアクティビティ)ができたので
それをしに行こう!と。

しかし到着してみると・・・

キャノピーは週末だけだと

残念


というわけで、
キャノピーのある山に登って・・・

山登りの途中
chico2.jpg


chico.jpg


頂上からの眺めと・・・
chico3.jpg


そこで。
chico4.jpg


その後、
二人が作ってくれたサンドイッチを食べて
chico5.jpg


プールで遊びました。



お昼ご飯は、
パンを持ってきていたから
(サンドイッチも食べたし!)
それを・・・と思っていたらですね、

なんと
アンヘラちゃんとカティーちゃんが
フルコースランチを用意してくれていたのです!
これには大感激


準備をしてくれてます。
lunch4.jpg


しかし、コレどうやって持ってきてくれたのだ
私は気付かなかったけど・・・

行きは、ハイメが送ってくれるっていうから
車で来たんだけど、
私が後で乗って
後で降りて・・・
どのタイミングであんなのおっきなカゴを隠していたのか。。。

今日のサプライズ・ランチ
lunch.jpg


お昼の時間にはハイメも来て、
みんなでご飯にしました。
lunch2.jpg


これ、本当に美味しかった

二人曰く、
今、アンヘラちゃんの家でお手伝いをしている
リディアさんが作ってくれたらしいわ。

いやいや、
それにしてもこのサプライズには
本当に驚かされました!!!

二人とハイメの3人で、
私に黙ってこんなことをしてくれるなんて
もう本当に感激

その後、
みんなでトランプで遊ぼうとしたんだけど・・・
lunch5.jpg

誰ひとり
ちゃんとしたゲームのルールがわかっておらず
しかも風が吹いてカードが吹き飛ばされちゃって
カード配って
終わった(笑)。


それにしても、最高の1日でした

コマドローナの勉強会

2016/02/23


今日は今回グアテマラに来た目的でもある
コマドローナの集会で
私の研究結果について話す時間をいただきました。


そして今回のプレゼンテーションでは特に

リサーチ結果から

誤った認識と、不確かな知識でケアをされていた
<新生児仮死について>

コマドローナによってその認識とケアに大きな差があり、
母体死亡に繋がりかねない
<弛緩出血について>

この2点を説明することにしました。


ここでは、
新生児仮死について書きたいと思います。


まずは、新生児仮死の原因となる胎児の低酸素状態について。

それを予防するために

胎児心音の聴取をする重要性
→これは今でも妊娠期・分娩期ともに
聴取している人とそうでない人がいます。

ある研究結果では
分娩期にCTG(胎児心音と陣痛を記録する器械)を使用しても
胎児の死亡率減少には繋がらず、
逆に緊急帝王切開率が上がり
その効果を疑問視するというリサーチもあります。

しかしながら、
お腹の赤ちゃんが元気であるかどうかは
やはり心拍と動きで判断するしか方法はありません。
胎児心音の聴取は
重要といえるでしょう。

胎児心音の正常値の確認
→これは例え胎児心拍を聴取していても
正常値を理解していなかったら意味がないので
確認をしました
(実際、インタビューでは正常値を
「赤ちゃんが苦しんでいるサイン」と理解しているケースあり)
赤ちゃんの心臓は小さくて
血液を送り出す力も弱いので
心拍数は成人の1.5倍ほど、とても速いのです。


そして、チアノーゼの原因から考える
新生児仮死の時に必要なケア
→チアノーゼの紫色を
「分娩中の打撲が原因」と言っていた方がいたので
チアノーゼがどのような状態で
何が必要であるかを説明。

そこから
新生児蘇生の重要性を説明しました。

実は、私が今回のこの研究を始めるにあたり
1番の動機になったのが
ここにあります。

日本では、
妊産婦死亡率も周産期死亡率(妊娠22週以降から早期新生児期の死亡)も世界トップレベルで低いので
あまり知られていないと思うのですが、
世界の妊産婦の死亡も、
生まれたばかりの赤ちゃんの死亡、
実はその98〜99%は開発途上国で起こっています。
(Carlo et al.,2010; McClure et al., 2011; WHO)

グアテマラでは
妊産婦死亡の予防が
コマドローナのトレーニングでメインテーマになっていますが
新生児仮死に対して
積極的なトレーニングをしているところを見たことはありません。
そして
日本では考えられないことですが
死産については統計が取られていません。

これは世界的な傾向で
WHOでさえも死産を未だに統計の対象としていません。
それほど、開発途上国で
死産や出生直後の死亡を把握するのは困難なことであり
また、妊娠・分娩期はそれ以外に優先すべきことがあるのだと
認識されているのが現状であると言えるのでしょう。

さて、
話をグアテマラに戻します。
村にいる頃、
死産や生まれたばかりの死の話を聞いたり、
実際に立ち会うこともありました。

こちらでは、
悲しいことにそれが珍しいことではないのです。

しかし、
お母さんの嘆きは同じです。
家族の悲しみはどこの国でも変わりません。

赤ちゃんが生まれるのを待ち望んでいたお母さんや家族にとって
死産ほど悲しいことはありません。

そして、
グアテマラの村の分娩で
救える命をできる限り助ける方法は
コマドローナの新生児蘇生だと思うのです。
正しい基本的な蘇生で
新生児の90%は助かると言われています。

コマドローナには
正しい蘇生を身につけてもらい
新たな命を一人でも助けてもらいたい、
そんな思いからこの研究をしたいと思ったのです。

限られた時間の中で、
しかも1回だけだったことから
今回は蘇生の重要性程度しか説明をすることができませんでしたが、
保健センターの看護師のエスメラルダさんを含め
興味を持ってもらえた手応えはありました。
ただ、これを教えられる人がいるか・・・

課題は山積みですが
少しずつ変わっていること。
これは、
コマドローナの方々の発言から
明らかに感じ取れます。


最後に全員で。
DSC_0037.jpg


夜は、ハイメとミシェルと
ホットチョコレートを飲んで、
フライバナナを食べました〜


今日のメンバー
michi2.jpg


今日のこのホットチョコがおっきくてですね・・・

DSC_0059.jpg
このカップの大きさ、わかります


そして、バナナ。
michi1.jpg
シエラの中心地のシアター前で
揚げてます

これだけで、
ハイカロリーなんだろーなー
と思いつつ
食べちゃった


今日は満月だったのかな。
月が綺麗でした


いつも笑わせてくれる、ミシエル
michi4.jpg


michi3.jpg

火山灰

2016/02/22


今回、グアテマラに戻った目的は
研究報告です。

それについて何も書いていませんでしたけど・・・


こっちに来ることを考え始めた時から、
エスメラルダさんから
「2月のコマドローナの集会は23日ですよ」と聞いていたので
そこで時間をもらって
結果について発表する機会をいただくことにしました。

でも、
対象者がコマドローナ方々であること
中にはインタビューを受けた人と受けていない人がいること
プレゼンテーションは
それらを考慮した内容にしました。

今日はその準備。

数日前に、
大学院の先生から
「協力機関に結果報告をするように」とメールを受け取っていたので
それについても作成。

しかし・・・これは明日には間に合わないな
指導教官のチェックも必要だし。

私の場合は、
まず日本語で書いて指導教官チェックそれをスペイン語に直してネイティブチェック、といろんな人の助けが必要だから・・・これは焦らず帰国までにしよう(笑)


その明日の準備をしていた時に
「ちょっと外来て〜」と呼ばれたのです。

そしたら、
サンタマリア火山の灰が
写真ではやや見にくいですが
火山灰で全体が霧のように曇って見えます。
外に置いていあるものには灰が積もって
洗濯物が干せる状態ではありません

kazanbai.jpg
この写真だと少しわかりにくいですが
全体が曇った感じ、これ全て火山灰によるものです。

私がここに住んでいる時に
こんなに灰が積もったことあったかな・・・・
記憶にないわ。

これ以上、
火山活動が活発にならないといいんだけど。


日本でも
東南海地震や富士山の噴火などが言われたりしているけど
グアテマラでも、
周期的に考えるとそろそろ大きな地震だとか
火山の噴火だとかが考えられる時期だと思われているらしいです。


午後は、
いつもの3人で集合
emma.jpg

本当に楽しいっ
いつも刺激をもらえます

唯一の週末 <日曜日>

2016/02/21


日曜日は朝から予定ぎっしりで・・・


朝はまず、
子どもたちとお楽しみ会

朝食にワッフルを作りました


DSC_0144.jpg




DSC_0125.jpg




このワクワク感が伝わって来る子どもたちの顔
(あ、私が一番ワクワクしてるかも・・・笑)
DSC_0139.jpg


そして、ファミリーみんなで
DSC_0162.jpg
カメラが違う方向にあるから、
みんなの目線が・・・


一番人気だったのが
このたい焼き
DSC_0168.jpg

これ、子どもを差し置いて
真っ先にワヨが食べてた(笑)



そのあと、
ランチに招待してもらいました

ルディーと奥さん、4ヶ月のブリトニーちゃんのファミリー
DSC_0185.jpg

赤ちゃん癒されます

しかも、
このブリトニーちゃんが可愛くて良い子で
ぐずることもなかったから
ずーっと抱っこさせてもらってました

そして、パパのルディー
日本のことに興味があるらしくて
アニメや映画、トヨタの事などなど
いろんなことを知っていました。
グアテマラにいて思うことは、
日本のアニメ好きの人たちは、
本当によく日本のことを知っているということ
日本アニメの人気の高さを感じますね〜


ランチの後は、
アンヘラちゃんのお家へ行ってきました

みんな仕事や学校やらで
全員で会えるのが週末だからということで
日曜にお茶会をすることにしたのです


前回グアテマラに来た時に
こっちまで来てくれた同期のRieちゃんから託されたお土産を渡しました

それにお返しの絵と手紙を書いてくれた
アンヘラちゃん
DSC_0223.jpg

今日は、ルイスが出掛けていたから
一瞬しか会えなかったけど
ゆっくり会いたいよね〜ということで
次の木曜日に夕食会をすることになりました

DSC_0212.jpg

そして、その夕食会に
思ってもいないサプライズがあることを
この時に想像は・・・
まーったくしていませんでした、ね

アンヘラちゃんの家族は
いつも変わらず
みーんなが私を受け入れてくれます。

ここもまた、安心できるところ

唯一の週末 <土曜日>

2016/02/20


今回の グアテマラ visit は10日だけですので
週末は1回だけ。

というわけで
貴重な週末に何をしたかというと・・・


まずは、
カンテルにあるホロンというところに行きました。
ここは、5年ほど前(私がまだJICAボランティアとしていた頃)に
トロピカル・ストームによる大雨で土砂崩れが起きたことで
マヤ(だと言われている)の彫刻が発見されたのです。

P1140868.jpg


今では、
マヤのセレモニーが行われる場となっています。


P1140890.jpg


しかしここ、
山を登らないと辿り着けない

標高2000メートル以上で山登り

ちょっと散歩にでも行こうかなんて
軽い気持ちで行った私が間違っていました

思っていた以上に
息が切れ・・・大変でしたわ〜


驚くことに、
ここにはファミリーが住んでおりましてね、
6歳ぐらいの子どもがいるのですが
毎日ここを登り降りして学校に行っているって・・・
その子の足取りの軽かったこと

いや〜、子どもの適応力と体力に驚かされましたっ


ここには、
グアテマラにやってくる様々な国の旅行者が訪れるらしく
知る人ぞ知るパワースポットになっているらしい。


山の上からの眺め。
P1140888.jpg



サプライズ!

2016/2/19


昨日、グアテマラの空港に朝6時台に到着。

すでにハイメとハイメのお姉さんの旦那さんが待っていてくれていました。
2人は、夜中の2時に家を出たのだとか・・・

ありがとう〜

そして・・・
今回は飛行機に乗り遅れなくてよかった
普通は、遅れませんけど・・・ね

そのまますぐにカンテルに向かいました

途中、
お気に入りの Rincon Suizoに寄って、みんなで朝ごはん
空港の行き帰り、
ここを通るときには必ず寄ります
それくらい好きなところ

カンテルへの道のり4時間。
今回は、ハイメのお姉さんの旦那さんのワヨが運転してくれたのですが、
朝の2時から・・・往復で8時間
もう、どんだけ感謝していることか
しかも頼んだわけではなく
「よし 行ってあげるよ」って来てくれるとこが
どんだけ優しいんだ・・・


そしてカンテルに着いたら、
ハイメの家族が
「ウェルカ〜ム」ってバーベキューを用意して
待っていてくれたのです

あ、ご飯の写真だけ撮って
みんなで写真撮るの忘れた



そして、翌日。

これ、予想もしてなかったのですけどね・・・

朝一に、
アンヘラちゃんとカティーちゃんが私を訪ねに来てくれました。

これにももう、大感激!!!


DSC_0115.jpg


こっちに着いてから
誰にも連絡とってなかったんですよね、まだ。

出国前に
18日に着くよ〜と言っていただけで。

しかも、
お花や、ウェルカムボードなどなど
いろんなものを作ってくれて、
それを持ってきてくれたのです

これ、どれだけ時間をかけて作ってくれたのかと思うと
もう胸いっぱい

感激

しかも、お花は
生花だと日本に持って帰れないからと
わざわざ色紙で折って作ってくれたのです。

DSC_0116.jpg


その後、
いろんな話をして・・・
現在の勉強のことや、
将来の夢や、
恋愛の話や、
日本のこと、日本語のこと・・・

そして髪を編んでもらいました。
こちらの人は
みんなとても器用で
ささっと髪を編んでしまうのです。
その写真は、後日upしまーす

この日は、
二人は午後から大学の授業があったから
次・・・24日にプールのあるチコビッシュというところに行こうという約束をして別れました

アンヘラちゃんとカティちゃんは同い年。
知り合った時は、
二人とも13歳だったのが
今は19歳

10代の成長は、
少し見ないうちにドーンっと飛躍していることを
改めて感じました。
すぐに追い抜かれそうです

半年ぶりの訪問

2016/02/17

修論に追われて2015年が終わり、

その後、公聴会(修論の発表)があり、

それが終わったら、2月17日が国家試験。

国試後に
先生から
「グアテマラに行ってきてもいいですよ」
許可が出たので、
それでは、国試の翌日に
と、チケットを買ったら・・・
それがよく見ると、18日の0:10羽田発だったのですね。

え・・・
18日になって10分後ということは
京都は17日の国試後に出ないと間に合わないでないですか
でも、もう買ってしまった後なので
後戻りできません

するしかない(笑)

というわけで、
国試前にトランク1個を羽田に送って、
国試の日は、
京都駅に荷物をコインロッカーに預け
国試会場へ

試験が終わって、
みんなでお茶して一息ついた後に
羽田へ向かいました。

羽田からLAに着き、
今回は空港から出る前に
「グアテマラですか?」と声を掛けられて
(トランクの札を見てるとこが凄い!)
その場でトランクを預け
また、荷物検査を受けて搭乗口へ。

前回の反省を生かして
もう空港からは出ませんでした
乗り換えに
6時間あったのですけど、ね。

20160218.jpg


そして、
朝の6時台に無事グアテマラに到着しました〜

それにしても、
ほぼ20時間ずっと座りっぱなしだったから
さすがに腰が痛い・・・


今回は、
研究に協力してくださった方々に
お礼と報告をします

グアテマラの土砂崩れ

2015/10/7


9/22に帰国してから

ブログを書かないとな〜・・・

と思いつつ・・・今に至ってました。


Facebookを通して、友人から

グアテマラの首都近くで起きた土砂崩れについて

「大丈夫?」と.

その際、「ブログが止まってたから・・・」と心配して

連絡をくれました。



グアテマラの首都近くで、先週あった土砂崩れですが

毎日、行方不明になっている人々が遺体で見つかる状況です。

シェラのニュースでも、毎日トップでその状況が伝えられています。

El Quetzalteco

自然災害は多いグアテマラですが、

災害対策に関しては予防もその後のフォローも日本ほど整っていません。

しかし、今回の災害については人々が助け合っている様子が

国内のニュースから伝わってきます。



前出の友人も言っていたけれど・・・

キリスト教の偉大なる愛の精神。



ご存知の通り、

ラテンアメリカの社会も文化も生活も

人々の人生も、宗教なしでは語れません。

神様なしでは語れません。



今回のグアテマラの災害対策を見て

人々の連携を見て

この神様への愛の偉大さを改めて感じました。





土砂崩れの被害については

せめて・・まだ埋まっている方々が早く見つけられ

家族の元に帰れますように。

そして、被害に遭われた方々が

平穏な生活を取り戻せるように祈っています。




そして、

FC2カウンターを見たら

来訪者が☆10000人☆ になっているでは。

このブログを見て、

グアテマラについて興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいです。

明日は村を離れて・・・

2015/09/17



とうとう明日は村から首都へ
(といっても今回はアンティグアに行く予定ですが)
移動です


1ヶ月半・・・
長いと思っていたけれど、
あっという間でした


今日は、
お家でみんなでお昼ご飯を食べました。
(今日のランチは、エンリケ父さんが作ってくれた
caldo de res:牛肉スープ。
グアテマラの定番です)

お昼に、
グラディスさんから電話があったから
あとで保健所に行くよ〜と言ったら・・・

なんと

お別れ会の準備をしてくれていました


今回は
みんなに手伝ってもらってばかりで
お世話になったのに
わざわざお別れ会をしてくれるなんて
大感激っっっ


シェカム保健所のメンバー。
P1140829.jpg
看護学生のジョバンニ、目を閉じてるけど。。。
彼、なかなかおもしろいキャラしてます。



その後、
保健センターに寄って
エスメラルダさんや、ソニアさんに挨拶をして

シェラの保健省の事務所に寄って
看護部長のアリシアさんにも挨拶をしてきました。


その後、
保健省繋がりで知り合ったブリスレーが
展示会をしているということで
行ってきました。

この展示は
グアテマラの10代初期の妊娠について。
Historias y retratos de nueve menores embarazadas en Guatemala

グアテマラでは
いかなる理由でも中絶は禁止されているので
妊娠したら出産する選択しかありません。
いかなる理由であっても・・・
10歳そこそこの妊娠が
望んだ結果だとは・・・とうてい考え難いのですが
それでも、です。

写真はスイス人の女性写真家の撮ったもので、
写真そのものが訴えている
素晴らしい作品でしたが、
この訴えがなくなることが
グアテマラ社会の目標といえるでしょう。



村で過ごす最後の夜は、
ハイメの家で
家族全員で夕食会をしました。

時間が押して、
遅くなってしまったけれど
みんな喜んでくれてよかった〜

ちなみに今日もお好み焼きを作りました。

こっちに来てくれている同期の友人と
ひたすらキャベツを切って
焼いて・・・焼いて・・・
12人分だったかな。。。
お店みたいで
楽しい夜でした。



そういえば先週、
野菜栽培のお母さんたちが育てている
トマトのハウス栽培に行ってきたのです。


こんな感じで働いていました。
P1140738.jpg


そして、子どもたち。
P1140748.jpg
この笑顔に癒される


P1140754.jpg


みんなでお手伝い中。
P1140776.jpg



1ヶ月半・・・
本当にあっという間だったな〜・・・

明日は午後にアンティグアへ出発。
ちょっと・・・いやかなり寂しい。。。

帰国日近づく。

2015/09/16



帰国日が22日。
18日には首都に上がろうと思っているので
こちらにいられるのもあと2日となりました。

はやい


まず、今日は水曜日の市場の日。

またバシリオから
「市場においでよ〜」と誘われていたので
行きました

P1140824.jpg


今日の朝食。
P1140823.jpg
卵焼きとマメ、それにarroz con lecheという
甘い米の飲み物。
トルティーヤもありました。

それに加えて、
あとからパンまで買ってきてくれたバシリオ。

本当にありがと〜


昼にはホームステイ先で
「お母さんともうゆっくり話す時間がなくなると思うから・・・」と、
お別れ会をしました。

そのときに出してくれたのが
トウモロコシのアトール。
P1140826.jpg
私の大好物


私たちにプレゼントまで用意してくれていました
P1140825.jpg


実はお昼ご飯は
カレンさんの家で作る予定にしていたのですね。
12時にお家に行くよ〜って言ってたのに
このお別れ会が終わったの、1時前。
やっぱりグアテマラでは
予定通りにいきませぬ。。。


カレンさんの家では
またお好み焼きを作りました

ブライアンはお父さんについて
グアテマラシティーに行っていたけれど
ヘレンさんとガビー、そして同期の友人と
4人で楽しい時間を過ごしました
P1140828.jpg

グアテマラ独立記念日

2015/09/15


今日はグアテマラの独立記念日

先週末から1週間お祭り騒ぎ。
だから学校もお休み。


この時期あちこちでよく見られるのが
学生の行進。
村でも学生さんたちが
綺麗に着飾って、バンドを演奏してました。
desfile.jpg


独立記念日だというのに
今日も1例のインタビューをさせてもらいました。

そこがね・・・
家の周りにまた犬が多くて

1週間前に
犬に噛まれそうになってた私としては
もー本気で嫌だったんだけど・・・

ハイメが棒を持って付いてきてくれて・・・

しかし

ハイメが持っていた棒を
くるくる回しながら歩いてたら
手が滑って
棒がコロっと落ちるではないですか・・・

い、犬・・・
前にいますけど・・・

おーーーーーーーーーーーーいっ

大事なとこで落とすでないっ


幸い襲ってくる犬ではなかったので
なんともありませんでしたけど。
あーよかった

インタビューも無事終了。

これで10例に達して
終わりとしました。
ほっ。

コマドローナのおばちゃんがなかなかつかまらなくて
一時はどうなることかと思いましたが
なんとかできました。
よかった〜



夜は、
アンヘラちゃんとルイス、
こっちに遊びに来てくれている同期とハイメの5人で
シェラに行ってきました。

そしたら、
なんと以前一緒に働いていたロウに遭遇
feriaxela1.jpg
感激でしたっ

コマドローナ

2015/09/14



今日は、
ずーっと前から約束していたのに
なかなかインタビューできなかった
コマドローナの方に
ようやくインタビューできました


外ではおじいさんがずっと糸を・・・(何してたんだろう?)
P1140806.jpg


お家で伝統衣装のスカート(コルテ)を織っているウチで
インタビュー後にそれを見せてもらいました。


工場の中はこんな感じ。
P1140809.jpg


織っている最中のコルテ。
P1140810.jpg


生地のアップ。
P1140811.jpg


今日は独立記念日の前日ということで
誰も働いていませんでした。

働いているところも見たかったな〜


今日、インタビューをした方には
帰りに家になっているリンゴを貰って帰りました。


今日の夕食は、
家で私たちが担当したから
リンゴを煮て
スウィーツを作りました。
これ、ちょっと甘過ぎたかも。。。

イベント多い週末

2015/09/13



日曜日は市場の日。

バシリオが市場で朝食を招待してくれたので
同期の友人と行ってきました。

そこで・・・

「あれ食べる?」

「これ食べる?」

といろいろとごちそうしてくれたバシリオ。

その上に・・・

プレゼントまで用意してくれてました!!

vac.jpg
布には、
「バシリオからの思い出」とあります。


ありがと〜


そして、
3人で記念撮影。
vacili.jpg


お昼は、
ハイメの親戚のドーラの誕生日だったので
お誕生日ランチに行ってきました。


そこで見たのは・・・

焼きとうもろこし
toumorokoshi.jpg
ハイメとワヨが焼いてます

このあと、
ワヨが1番おいしそうなのを私に渡してくれました〜


このとうもろこし、
朝採ってきたそう


今日のランチはこれ。
toumorokoshilunch.jpg
とってもおいしかった〜


そしてその後は、
教会に行ってきました。
今日は、
ハイメの妹さんの旦那さん・ホセが牧師になったという
記念の日。
それで、
「ぜひ来てね」と言われていたのです。

cult.jpg
エバンジェリストの教会は
カトリックと比べると(比べていいのか???)
かなり激しくて初めていくとビックリするかもしれません

「私たちの未来は、神の手の中にある!

人間では、決められない!

医者がなんと言おうと、

裁判官がなんと言おうと、

決めるのは神なのだ〜っ!」

と言われていましたが・・・
これにはちょっと

それに、

「敵はあなたが直接倒さなくてもよい

なぜならば

神が倒してくれるから


なんて激しいことも・・・
ま、
今日は特別激しい人だったようですけど。
話していたのは
教会の牧師さんでしょうか。
(もちろん、ホセではありません)


教会行ったあとは、
シェラに行きました。
9月15日の独立記念日に向けて
出店が出て賑やかになってました

feriaxela.jpg


友人のお迎え

2015/09/12


実は、
研究室の同期がこっちに来てくれることになりまして。

本日、
ハイメとともに
空港までお迎えに行ってきました。

友だちがこっちに来るって言ったら
片道4時間の空港まで
一緒に来てくれる、と。
というか、
私が運転できないから
お迎えに行くよ〜っと。
それに、
首都をよく知っているチャッキーも一緒について来てくれました。
もう大感謝っ


しかし・・・
道中で車が故障するとは。。。

まずは行きの山道で

「エンジンがかからない事態発生

日本だったら
たぶん電話でヘルプを呼べばすぐ解決するんだろうけど
こっちでそんなサービスは聞いたことない。

もちろん頼れるのは自分。

といっても私は頼れないです。

ハイメとチャッキーが
車をいじって(何をしたかは分からないけど・・・)
とりあえず直って空港へ

友人を待たせること1時間余り
それでも
無事、空港で会うことができ
カンテルに戻ることに。

そして今度は首都でエンジンストップ・・・

首都の土砂降りの中、
唯一救いだったのが
ガソリンスタンドの前で車が止まったこと。

自動車修理工を呼んで
いろいろやってもらって
3時間も待たされ
やっとのことで戻りました

確かに車は古いけど・・・
こちらは新しい車に乗ってると
車を取られたり、
いろんな意味で狙われたり、
私はどちらかというと
その方が落ち着かない。
というわけで
古い車の方が安心していたけど、
古い車はこういうことが起こってしまう。。。


どっちがいいんだろ〜
(日本だったらそんな迷いはないでしょう)


長旅で疲れた同期の友人には
車の故障でさらに疲れさせてしまったかもしれないけれど
途中からぐっすり寝入っていたので。。。
ゆっくり休んでもらいました

明日からは
同期の友人と行動を共にしていきます〜



空港に付いてきてくれたチャッキー。
「飛行機の写真を撮るんだ!」と。
chacky.jpg




カフェ

2015/09/11


先週末に
アストゥリに会いに行く途中に寄ったカフェ。

ハイメが

「チーズケーキが美味しかったから

また行こう

と誘ってくれて、

行ってきました


コーヒーも美味しかったし、

チーズケーキも美味しかった〜

cafe.jpg

ここは、カンテル市から
スニルなどの方面に向かって30分ぐらいのところでしょうか。
カフェはちっちゃいから
知っている人と一緒に来ないと見落としてしまうかも。
でも、
雰囲気もよし。
コーヒーもよし。
チーズケーキもよしっ

JICA現役ボランティアの方と

2015/09/10


今日の夜は、
カンテル市で活動中の
協力隊の方と一緒にシェラのレストランで
カブロ(シェラビール)を飲んできました

がんばって活動している
2人に会って良い刺激をもらいましたっ


活動中は日本に帰ることが
本当に待ち遠しくなるのですが
実際に
日本に帰ると
こちらでの生活が
どれほど素晴らしい経験として心に残るか・・・

残り少ない隊員生活、
ぜひともエンジョイしてください

心から応援してまーすっ

今日こそは・・・インタビュー

2015/09/09



本日水曜日は、村の市場の日。

今日の夜、
ハイメの妹さんの家で料理をするから
野菜を買いに行こうとすると

アンヘラちゃんが

[私も一緒に行くよ〜」って。

おしゃれをしてくれたので
写真を撮りましたっ!

P1140734.jpg


市場近くで
たまたま仕事の合間中のハイメに遭遇。
3人で市場で
トウモロコシのアトール(この時期限定、コーンスープの甘い版)を頂きました。
これ、
私の大好物

しかも、
ここの伝統的なパン(チュクシェル)と一緒に食べて・・・
それが出来立てで熱かったから
も〜それだけで幸せ


あ、写真撮ってない・・・


その後、
先週ぶっちにあったインタビューを実施

とっても丁寧に答えてもらって
素晴らしいインタビューになったと思います
待ったかいがあった


夜は、
お世話になっているハイメの妹さんの家で
ホワイトシチューを作りました。

これも写真撮ってない〜

ハイメの妹さんの家では
いっつも洗濯をさせてもらっているのです。
というのも、
こちらは手洗が基本ですので、
日本の便利生活に慣れてしまった私は
洗濯機でないともう無理・・・
そんな私のワガママをいっつも快く受け入れて
いつでも洗濯をさせてくれて、
私は大感謝しております

そしてここの家の3人の子どもたちの
かわいいことっ

シチューづくりに必死で
写真撮り忘れ・・・ちょっと後悔だわ〜

ルイスの誕生日

2015/09/08


今日は、ルイスの誕生日


朝からトウモロコシでお祝い


トウモロコシはこっちも今が旬です
201509081.jpg



こちらのトウモロコシは主食になるもの。
今は柔らかいので茹でて食べて、
この時期が過ぎたら
乾燥させて1年分の主食になります。


なので、
今の時期のトウモロコシは特別
日本のような甘さは無いので
いくらでも食べれてしまいます
8/29にもそんなことを書いてますね〜


みんなでトウモロコシを食べて・・・
201509082.jpg


今日のお昼ご飯は
私がお好み焼きを作る約束でした


お好み焼きのために
キャベツを買いに行き・・・

といってもお店ではなくて
キャベツを育てているお家に。
P1140716.jpg


今日、
採りたてキャベツでお好み焼きを作って
大好評でした

お誕生日のルイスに喜んでもらえてよかった〜


それにしてもですね・・・
今日のお昼は
私が作るって言っていたのに
12時に

「シェラにプレゼントを買いに行く」と言い出すホセファ母さん。

え???

お昼ご飯は
一緒に食べる約束で
私は午後からインタビューが入っているのに・・・


プレゼントを買いに行って
お父さんが急かしてくれたおかげで
お母さんは2時には帰ってきてくれました。
インタビューは
相手を待たせてしまったけど・・・
待ってくれていたおかげで
インタビュー実施できたし、
ま、いいとしましょうか。


いつものファミリー・イベント
P1140727.jpg


選挙結果

2015/09/07



選挙翌日。

昨日の夜から
選挙結果の速報がずっと流れています。

大統領選の結果・・・


実はこの選挙の前に

副大統領が汚職で逮捕され、

大統領も汚職で逮捕され、

それまで
ほぼ無名?だった
アレハンドロ・マルドナードという
憲法裁判所の判事が
いきなり大統領になってしまったこの国。


政治家の汚職事件は
日常茶飯事ですが、
それを告発して
大統領を辞任に追い込んだということは
国民にとって
今後の大きな変化を示唆しているようです。


が・・・しかし・・・


カンテル市の市長選挙。

私は支持者の数から
てっきり現市長が再選するものだと思っていました。

それがですね・・・

別の候補者が当選したのです。


しかも、
選挙の当日
投票所でお金を配っていたらしい。


選挙の票はお金で買えてしまうこの国。


貧しさと無知と
弱さと汚さ・・・


政治家のせいなのか、

貧困のせいなのか、

教育不足のせいなのか、

それとも人の弱さ?


すべてでしょう。


大統領を辞任に追い込んだ
国民の力を信じたいけれど・・・

この選挙の実際を目の当たりにしてしまうと
やっぱり
すぐにこの国が変わるとは思えない。


新しい大統領アレハンドロは79歳。

この人の政治よりも

高齢であることから、健康が心配されている様子。。。



来年1月からの新大統領は
どうやらコメディアンのジミー・モラレスになりそうな予感。


来月、
再度選挙が行われて
新大統領が決まります。



4年前。
逮捕された大統領(オット・ペレス)が当選したとき
いろいろと期待されていたことを覚えています。

しかし、
汚職を繰り返し
国は変わりませんでした。
それどころか
悪い方向へ傾いていった印象を受けます。

この先の4年はどうなるのかな。


ちなみに
選挙の翌日の今日は
学校も仕事もお休みの日。

みんな選挙結果に興味津々。




私はお家でのんびり。
朝食のフルーツ。
P1140733.jpg


選挙の日

2015/09/06


本日は
グアテマラで4年に1度行われる大選挙の日でした。

でも、
日本人の私には関係ないので
山登りに行ってきました〜

山登りといっても
家から歩いていける
裏山ですけど・・・
これが結構ハード


まずは、
朝食を持ち寄りましょうと約束して
果物を用意しました。


グアテマラの果物の豊富なこと
senkyo5.jpg


スイカを切って・・・
(今年、日本で1回スイカ食べたっけ?)
senkyo6.jpg


他のフルーツも切って
こんなにたくさんできました
senkyo7.jpg



今日のメンバーは、
カティーと姪っ子のビッキー、
そしてアンヘラちゃん。
senkyo8.jpg


ビッキーを抱っこして登っていたら
酸欠で
本気で気を失いそうになったわー


目的地に着いてから
みんなでおしゃべりしたり、ウノで遊んだり、
楽しかったな〜
senkyo.jpg


丘の上からの景色。
senkyo1.jpg



帰り道の景色。
senkyo2.jpg


senkyo9.jpg




その後、
雨が降って寒かったこと・・・
寒かったこと・・・


お家で
ホットチョコレートを作ってもらい


ソラマメのお食事を頂きました。
senkyo4.jpg


senkyo3.jpg



選挙とは全く関係ない日曜日を過ごした私。

私にとっては穏やかでしたが、
選挙は意外な結果に・・・

アストゥリに会いに、マサテナンゴへ!

2015/09/05



今日は、
日本で知り合ったアストゥリに会いに
マサテナンゴまで行ってきました。

ここから車で1時間半。


行きの車で・・・
09052.jpg


アストゥリは、
エマヌエルと一緒にJICAの研修生として日本に来て
そこで知り合いました。


シェラからマサテナンゴへの道は、
こんな感じ。
0905.jpg



今日のメンバー。
090501.jpg


マサテナンゴは、
シェラから車で1時間半ほどしか離れていないのに
標高がかなり低いから
暑い!(羨ましい


海に近いから、魚もシェラより多い!
(でもこれは川魚らしい)
090502.jpg


久々にアストゥリと会って、
いろいろ話せて楽しかったな〜

そして、
ハイメとエマヌエルと一緒にドライブも
楽しかった〜


行きと帰りに寄ったカフェで。
090504.jpg
行きはアイスクリームを食べ、
帰りはケーキを食べました。
遠慮のない3人は(笑)
全員違うケーキを頼んで交換

ここのカフェね、
帰りに寄ったとき
入るときに

店員さん「何にしますか?」

私たち「いや、ちょっと座るために休憩しに来ただけだよ」

って言ったら
それ本気にされてね・・・

(でも、コーヒー頼んでいた・・・のに聞こえてなかったみたい)

なかなかコーヒーが出て来ない。


あれ?と思って

「コーヒーは?」って聞くと

「え?何か頼んだ?休憩じゃ。。。?」って



・・・・・・・


あれ、冗談だったのに〜



そして帰り道。


車の中にあったスナックの会社のトラックが通り、
写真を撮っちゃいました。
090503.jpg



夜は
ハイメの家でバーベキューすることになっていて、
お腹も心も満腹の1日でした〜

選挙ですべてがストップ。

2015/09/05



今週末は大統領選挙。
大統領の他に、
全国の県・市、政治に関わる
すべての選挙が一斉に行われます。

4年に一度の大選挙。


そして、
この選挙・・・
日本とは全然違うのですね。
当たり前ですけど。

まず、
選挙結果で政党が変わると
日本でいう公務員が全員入れ替わる
これまで働いていた人は仕事を失うわけですから
市民生活レベルで多大なる影響をもたらします。

そして、
入れ替わるということは・・・
政党が変わる毎に
国の政策や、県や市レベルの政策までが
1からやり直し。

これではなかなか前進しません。。。

たった4年でしたら
計画して実行途中で
またやり直しといったところでしょうか。


カンテル市の現職市長の政治キャンペーンキャラバン
0902.jpg
貸し切りのバスや車が何台も何台も続いて通りました。
本日は、
カンテル市に現市長と同じ政党の大統領候補者が応援に来るのだとか。
みんな盛大に(?)応援してます。

これはもうお祭り騒ぎのようですね。。。



一方、選挙とは関係のない私は穏やかに過ごしてます。
家族からいただいた朝食
(ちょっと飲んでしまった後に写真を撮ったんだけど。。。笑)
P1140715.jpg
これ、生絞りオレンジジュース
それにアトールと呼ばれる飲み物。
アトールは(私のなかでは)どろっとした飲み物の総称で、
オートミールで作ったり、
いろんな穀類を混ぜて作ったり、
今日頂いたのは、トウモロコシで作ったものでした。
これ、ご飯代わりになるぐらい満腹になります

今日のインタビューも。。。

2015/09/03



今日のインタビューは、
スペイン語が分からないコマドローナ(伝統産婆)でした。


インタビューの約束は、
紙に書いて渡して
それを家族に見せるようにって
キチェ語が分かる周りの人に助けてもらいながら
こじつけたので・・・


かなり怪しいと思っていたのですが、


案の定、約束の時間に来ない


名前とコマドローナということは分かっていたので
探しに行きましたよ。

これができるのも、村だからでしょうね


まずは、行きつけのヘルスポスト前のパン屋さんで聞き、


なんとなく分かったところまで行き・・・


その後、ご近所さんに聞く。


こうして辿り着けてしまうこと・・・
日本ではありえませんね〜

その前に日本では
お約束は守りますけど。


こうみると、
もしかしたら社会は人々の生き方に合わせて
上手くできているのかも、
なんて思ってしまいます(笑)。


「インタビューをビデオで撮らせてください」
とお願いすると
わざわざ着替えてくれたコマドローナのおばちゃん。
P1140694.jpg


通訳は、お嫁さんが仕事をしながらしてくれました。
P1140695.jpg


インタビューが終わったあと、
わざわざコーヒーを用意してくれました
P1140699.jpg
このコーヒーがですね・・・
なんとも奇妙な味がして
「やばいかも・・・」と思ったけれど
私のために用意してくれたので
断れない・・・
家の状態からして、どこから水を汲んできたのか・・・
わかりましぇんっ


飲みましたよー。
飲み干しました。。。


あとは神様にお祈りします。



帰り道。
P1140704.jpg
こちらの人は、
こんな風に子どもをおんぶします。

これ、よく見かける光景。



これも帰り道。
P1140705.jpg



ヘルスポストの前を通ると
P1140707.jpg

「木曜日・金曜日・月曜日はお休みです」
P1140708.jpg
とお知らせが。


なぜかというと
今週末が大統領選挙なのです。

選挙で公共サービスが
このようにすべてストップしてしまうグアテマラ。

なぜ?

と聞くと、

「みんなが選挙に参加できるように」

という返事が。

住民登録のようなものがあって
登録してある住所でしか選挙ができないので
もし、
登録住所から遠くに住んでいたら
移動しないといけない・・・

とこれは日本でも一緒。


そして登録住所が移せるのも・・・

これも日本と一緒。

では、なぜ?


答えは、
何かと理由をつけて
お休みしようと考えるからでしょう(笑)


「カフェ・でもネットはないよ」という名前のカフェ。
P1140709.jpg



そして、村の風景。
P1140711.jpg

インタビューのぶっち。

2015/09/02


今日は、
アンヘリーナのお母さんであるフアナさん(コマドローナ)にインタビュー。


のつもりでした。


約束の16時。

お家を訪ねて行ったのに、
誰も出ない。
近所の人に電話番号を聞いて
(知っているところがすごい。。。のか、
聞いてしまう私が常識はずれなのか。。。
電話をしても出ない。


というわけで、今日は諦めて
18時から予定されていた
アンヘリーナのクリニックの妊婦健診へ

と、
ここでも誰も出ない。。。

アンヘリーナに電話してみると、

「今、家族旅行で
パナハッチェル(アティトラン湖のあるグアテマラ観光地)なの〜
と。


えーーーーーーーーーっ


だって、
インタビューだって約束してたし
妊婦健診だって約束してたじゃない。。。


はー。グアテマラ。


ま、こんなことはしょっちゅうですから慣れてますけど。


しかし、
何もせずに帰るのはもったいないと思い、
以前、野菜栽培をしていたお母さんたちを訪ねることに


道の途中でたまたまリーダーのお母さんに会って、
現在ハウス栽培をしているトマトを見せてもらいました。


まずは今日、
収穫したてのトマトを買いましたっ
P1140668.jpg



子どもが案内してくれて・・・
P1140671.jpg


立派なハウス栽培のトマト
P1140670.jpg


久々に見る、
シェカムの眺め・・・
P1140680.jpg


P1140681.jpg



新しくフットサル場もできてました。
P1140682.jpg
こう新しい施設を見ると
少しずつ変わっているな〜と思います。


私がここをボランティアとして去ってから
ちょうど4年。
その後も、
お母さん方が継続して働いているところを見ると
あのときのみんなのがんばりがあったからこそ!
と、嬉しく思います。

9月

2015/09/01


日本から15時間遅れて
こちらも9月に入りました。

時間の経過は速いものです!

私のデータ収集も折り返し地点といったところです。


1月半あれば余裕だと思っていたこの研究のデータ収集。

いやいや・・・
グアテマラ時間?に弄ばれている感あり

1ヶ月で十分だと思っていた私・・・
指導教官の言うこと聞いておいて良かった。
教官は2ヶ月って言ってたんだけど、
私は
「それは長過ぎ!」と思い、折れて1ヶ月半にしたのですけど。。。
これ、大正解でしたわー。

先生、ありがとうございます



こちらの気候、

今は雨期。


午前中はこんなに素敵なお天気です
09011.jpg

せっかくだから
お庭でお勉強を進めていきますっ


今日は、
太陽の周りに虹が
0901.jpg
こんなの日本では見たことない!


午後は雨の降るなか、
インタビューをもう1件進めました。
(午前中は晴天、午後は雨天の毎日)



今日のインタビュイーは、
准看護師さんだったので
また違った意見が聞けました。

想像していた以上にいろんな情報が集まるこのインタビュー。
やっぱりこのテーマにしてよかったな


フアナさんとランチ。

2015/08/31



朝9:00 シェカムの隣村、チュイスックのヘルスポストで
今日のインタビューの待ち合わせ。

8:50に到着。
約束時間の前に到着するのは日本人だけでしょう。


中にスタッフがいたので
挨拶すると
わざわざ休憩室に通してくれて
「ここで待ってね〜」と。


待つ間、パソコンでこれまでのインタビュー結果をまとめたりしていたんだけど
1時間待っても来ない・・・

これは、いつまで待っても同じだと思い
本日のインタビュイーの家を聞いて
行くことにしました

幸いすぐ近くだったので
訪ねると・・・


「あ〜。。。忘れてた!」って。


おーーーーーーいっ


ま、でもそのあとお家で
無事インタビューさせてもらいましたけど


そのあとお昼は
フアナさんの家でランチ


一緒にトルティーヤを作って
ご飯食べました。
P1140629.jpg


今日のご飯。
P1140632.jpg


その後、
ハウス栽培のトマトをまた見せてもらって・・・
いたら
農牧省の人たちが来たんですね。
P1140641.jpg

トマトを見に来たと思ったら・・・
いやいや本当の目的は
選挙の広報活動(?)です。

「明日、人を集めておいてね」

「選挙候補者が来てくれるから、実際に会えるよ」

「○○政党を応援するんですよ。
そしたら、このトマト栽培の援助もこれからもっと増えますから」

と言って、
野菜の種を多量に置いていかれました。


これ・・・違法ですよー。

でも、グアテマラでは選挙が近いこの時期
一般的にみられる風景です。

政党は物を配って
選挙の票を買う。

あちこちで、物や食べ物を配る集会が開催されています。

そしてもうひとつ驚くのが
候補者のポスターなんかが
ビリビリに破られたり
燃やされたりしているのです。

これ日本だったらニュースになるだろーな、と思いながら
こっちの状況を観察しております。

そういえば、
先週の木曜日は
大統領の汚職に関して辞任を求めるデモがあり
シェラでも学校が休校になったりお店が閉まったりしていたっけ。
その前には、副大統領が横領で逮捕されていました。
この副大統領がですね、
逮捕されるときになって「私は病気よ」って
いきなり入院。
検査で異常なかったからその後留置所に連れていかれたけど
なんとも図々しいというか、
やることが子どもっぽいというか・・・
こういう政治家は
グアテマラの山の中の貧しい生活を知っているのだろうか。
いや、
たぶん私より知らないでしょうね。
税金をこういった人々のために遣って・・・
なんて思っていたら
横領なんてできないでしょうから。


フアナさんのお家に来ていた近所の人。
P1140652.jpg


子どもに頼まれて撮った
机(?)の写真。
P1140656.jpg
どうしても机を撮ってもらいたかったらしい。。。


フアナさんと一緒にいるときは、
お気に入りのパン屋さんに買い物に行きます。
P1140642.jpg


ここは出来たてのパンが買えるのです。
P1140644.jpg


この奥でパンを作ってます
P1140645.jpg
このパン屋さん(名前は知りません。。。)、
できたてパンはふっかふかで本当においしいっ

多忙な週末。

2015/08/30



今日は忙しい日曜日。

起床、5:15


まずは、
シェカムの道を舗装したから
その開通式に行ってきました。
早朝から、音楽でお祝いするって聞いてたから・・・

そして
そこで観たものは・・・
P1140607.jpg

近所のおじちゃんとおばちゃんがカラオケしてるよーな音楽。
P1140608.jpg
音外れまくってるし。。。


せっかく早起きしたのに
こ、このために来たのか


さて、次の予定は
シェラで朝食会


ハイメファミリーの招待で、
一族に混ぜてもらって行ってきました。


これは、
ハイメファミリーの亡くなったお父さんのお誕生日だったから。

みんなで集まってお食事会をしたのです。


亡くなっても
こうしてみんなに愛されるお父さんは
村でもよく、生前の噂を聞くほど偉大な人です。

一家と。
family5.jpg




シェラで朝食会をしたあとは、
またシェカムの舗装道路開通式に戻りました。


シェカムで仲良しの、
アンヘリーナの家族と。
ina1.jpg


ina2.jpg



道路を舗装して開通するのに
こんなに盛大にお祝いするとは・・・
記念碑までお披露目。
ina3.jpg


こちらで道を作るときは、
道沿いの土地所有者が、
なんと土地を無料で提供しないといけません。

そして、
所有者が土地を「譲らん!」と言ったら
村の人々に非難される。

いや、
誰もただでは土地は明け渡さないでしょー。普通。
私だったら、嫌。
絶対、嫌〜


この道も、
周囲の家が土地を明け渡さなかったから
一方通行しかできない細さになってしまいました
(と文句を言っていた)。
が、
一方通行の標識なんてないから
車が両方向から来る可能性があるんですよね。
しかも、そうなった場合
避けるスペースなし。
どーやって使うんだろう、この道。


お祝いのお食事会
出された昼食は、エストファードに
大量のタマリート(トウモロコシの粉を蒸したもの)。
ina4.jpg

今回も大鍋で作ってました
ina5.jpg

やっぱり・・・虫刺され。

2015/08/29



こちらに来るといつもやられるのが虫刺され


ノミだと言われているのですが、
実体を見たことがないのですよね。
でも、
ひどい虫刺され。。。


今回も例外なくやられまくってます


はじめは
日本から持って来たウナコーワで痒みを我慢。


次に
ペット用のノミ・ダニ対策パウダー(タルコと呼ばれている)を
ベッドと服と全身に振りかけて
虫除け。

これ、結構効いてたんだけど・・・
やはり虫刺されは止まず。


もうウナコーワもなくなりそうで、
我慢できなくなってきていたので
病院に行ってきました


といっても、
病院に期待しているわけでもなく、
保険があるから痒み止めを処方してもらおうと思ったわけ。



病院に着くと、
「虫刺されだけ」って言ってるのに
パルスオキシメーター出て来るし、
血圧も測ってくれるし、
不要なこといろいろ。

おまけに、
服で覆われているところまで虫刺されがあるのに
「蚊」による虫刺されだと。。。


「違います」って説明。

どう見ても
蚊の刺し方ではないのだけど。。。


その上、
「引っ掻いてるから感染してる」と。

確かに引っ掻きましたよ。
でも、どう見ても感染はしてません。

「感染はしてません」
これも、説明。
言っておかないと
抗生剤なんか出されちゃう可能性ありますからね。

「アレルギー症状で・・・」
アレルギーね。。。
これはアレルギー反応ではなくて
「虫刺され」です。

はー。

痒み止めだけ処方してくれさえすればいいのよー。

と、
もちろん他の薬も一緒に処方箋もらって
帰りました。

それにしてもグアテマラの病院。
やっぱり信頼できん


帰りに、
痒み止めと
ペットショップに行って虫除け買ってきました。

なんと、勧められたのが犬用の首輪。
これを首に使いなさいとはもちろん言われませんでしたけど、
「切って服に入れておきなさい」と。

そして、これが効果絶大であったことは
後ほど知るのです。。。

私の虫対策用品すべて。
P1140713.jpg




午後、
洗濯を頼みにハイメの妹さんの家に行ったら・・・

family11.jpg

このバナナ!
輸出するバナナで、
料理用のおっきなものです。

それにしてもすごい量。
family12.jpg


それにアボカド。
family.jpg


これね、私も分けてもらいました。
日本では絶対に味わえないクリーミーなアボカドで
激ウマでした
family2.jpg
このアボカド、どこに売ってるんだろう〜
欲しいっ


夜は、
今度はハイメのお姉さんの家でとうもろこしを頂きました。
さっき、取ってきたとか。
family3.jpg


こっちは今、とうもろこしの季節です。
3本も食べちゃった〜
family4.jpg

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。