スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都に上がってからの1週間

2011/9/23

16日に村から首都へ来て、
翌日から隊員仲間とともに
私の大好きなモンテリコへ行ってきました。

その、モンテリコへ行く前に
2週間だけ私のカウンターパートだったロヘリアさんを訪ねました

彼女はシェカムで看護師さんとして5年ほど勤め、
私のカウンターパートになるはずだったのですが
家族の都合で急遽お引越しが決まり、
一緒に働いたのは実質2週間だけ。

首都モンテリコの途中にある
エスクイントラに住んでいると聞いていたから
それを信じて行ったら・・・
エスクイントラの中心地から2時間離れたところでした

この日はたまたま同僚と一緒に昼食会をするということで
私も一緒に行かせてもらいました。
彼女は今、エスクイントラから2時間ほど離れた「ゴメラ」というところで
保健センターの看護師さんとして働いています。

昼食会の様子
P1080974.jpg
保健センターの中庭で、バーベキュー

私とロヘリアさん
P1080968.jpg

彼女の家のお庭には、スターフルーツの気があります
P1080964.jpg
そう、ここはとっても暑いのです

シェラ出身のロヘリアさんにとって
この暑さはかなり大変なんぢゃないかなぁと思ったのだけれど、
汗をダラダラかきながらも・・「慣れるわよっ」と言ってました。

彼女とは2年ぶりの再会
あのちゃきちゃきっぷりは変わりなく、
一緒にいたのはたった2,3時間ほどでしたが、
楽しかったです

その後は、
隊員仲間が待つモンテリコへいざっ

・・・・
そして7時頃にはモンテリコ着

私の大好きなモンテリコ

グアテマラ最後の旅行先に、
私のわがままを聞いてくれた隊員仲間たちに
とっても感謝

今回も、
マルビン君と一緒に海へ行ってきましたっ
いっつも面倒くさがらず
一緒に海に行ってくれる
ライフセーバーのマルビンくんにも
とっても感謝

私の大好きなところで
大好きな仲間たちとの写真
P1080978.jpg

モンテリコで2泊したあとは、
首都に戻り
翌日の夜はJICA所長の家にお食事に呼ばれたり、
水曜日はアンティグアの手工芸市に行って
最後のお土産を買ってきました。

いやぁ、帰りのバスでは満員で・・・大変でしたっ
これぞ、グアテマラのバスって感じでした。

そして木曜日には、
大統領府にてスペイン語の最終発表。
そこで頂いた修了証か感謝状か・・・
P1080984.jpg

翌日の午後は
日本語の最終発表がありました。

これにて、グアテマラでのボランティア活動は終了っ

発表後、同期隊員との記念撮影です
P1080982.jpg

スポンサーサイト

最後の日。

2011/9/15

今日は村で過ごす最後の日。

まずは一番最初に住んでいた家の家族に
挨拶に行きました。

左から、お父さんのルイス・アンヘリーナ・私の隣はジャケリン。
P1080837.jpg
ジャケリンとは本当の姉妹のような関係で
いっつも冗談を言い合ってました。

2年前はまだ幼さが残る感じだったのに
いつの間にかお姉さんになっていたなぁ。

ジャケリンのお姉ちゃん、マリソルファミリーも
P1080840.jpg

去年の11月に生まれた、サマンサと
P1080842.jpg

この家族は、
いつでも優しくて
このシェカムで一番に友だちになった
私にとって一番仲の良い人たちです

その後、
野菜畑にもう一度行ってきました。

ここで貰った最後のラディッシュ
P1080856.jpg
回数を重ねるごとに良い収穫になってきていることがわかります


そして
現在の畑の様子。
P1080875.jpg


いつもお母さんたちと一緒にくる子どもたち
P1080850.jpg

P1080869.jpg

最初のころにはなかったこの笑顔。
子どもたちと私が友だちになったことがわかります

畑から去るとき、
お母さんも子どもたちもずーっと
「バイバーイ
「バイバーイ」と手を振ってくれました


通いなれた村の道。
P1080887.jpg

民族衣装を着た女性が通ります。
P1080888.jpg

どこを見てもとうもろこし畑。
P1080889.jpg


お昼からは、日本好きマジェリンちゃんに誘われて
シェラのお祭りに行ってきました。

そう、今日はグアテマラの独立記念日
シェラではパレードをやっていたのです。

有名な学校のマーチングバンドが行進しながら演奏してます
P1080913.jpg

それに合わせてカラーガードも
P1080918.jpg

明日、引っ越すという慌ただしいなかのひととき。
マジェリンちゃんとのパレード見物は楽しかったです

夜は家にエマヌエルエディが来てくれ、
家族が夕食を用意してくれて
一緒に頂きました

P1080945.jpg

私の好きな(みんなが好きな)
コーン・ドリンク
P1080949.jpg
とうもろこしが柔らかい今の時期限定

明日はとうとう村を出ますっ

選挙の日。グラディスさんの家。

2011/9/11

今日はグアテマラの大統領選挙の日。

グアテマラでは
4年に1回、大統領選挙があり
そのときに
大統領から、市長まですべての選挙が
一度に行われます。

もちろん、
この選挙が静かに終わるわけがありません。

というわけで、
JICAからは選挙日とその前日は外出禁止と言われていましたが・・・
現地の人によれば
県を越えなければ問題無いと言われ、
=シェラだったら大丈夫ということで
私はシェラのグラディスさん(職場の同僚看護師さん)の家へ
行ってきました

しかし問題は・・・
バスがなかった
まったくなかったわけぢゃないんだけど、
本数がかなり限られていたのと
いろんな地域のバスを乗り継がないといけなかったので
かなーり時間がかかりました

グラディスさんの家では
今日も一緒にお昼ご飯を作りました

私とグラディスさんが料理中、
お父さんと遊ぶダニエラアブリル
P1080650.jpg


おっきなタライに入って遊んでいたら・・・
なんとお父さんまで・・・
P1080653.jpg
入っっちゃった

この大きさだったら、2人で余裕
P1080639.jpg
気に入って、大満足の様子でした

食後には、
グラディスさんがケーキを作ってくれて、
そのおーきな1切れを
「私が食べると譲らなかったアブリル
P1080671.jpg

食後、家のパティオでみんなで撮った写真
P1080672.jpg

グラディスさんは、
私の大好きな人で、
なぜかというと
成熟した考え方ができる人だから。
陽気だから。
常に周りに気を配って、
何を優先しないといけないかが分かっている人だから。
一緒に働いて、
おしゃべりして、
お家に遊びに行って、
彼女からいろいろなことを教えてもらいました。
2人の娘ちゃんも本当にかわいくって、
この子たちを見ていたら
私も子どもが欲しいな~
家族っていいな~と思うのです。

10年間独り暮らしをしてきた私ですが、
独り暮らしは実はあまり好きではありません。
だって、気は楽だけど
楽しくないから。

さて、話を大統領選に戻すと
この周辺では特に大きな混乱もなく
静かに過ぎた1日でした。

カンテル市の市長さんが、
まだ誰になるのかは決まっていません・・・

グアテマラ料理

2011/9/3

今日は、
診療所で働く看護師さんのグラディスさんの家へ行って
グアテマラ料理、「ペピアン」を教えてもらいながら
作りました。

グラディスさんは
2人の女の子、ダニエラ強調文文字色アブリルのママです。


この2人がお人形さんのようにかわいい
P1080379.jpg

P1080381.jpg



人形と言えば、
グラディスさんの家に入った時に私をビビらせた人形・・・
P1080383.jpg
怖すぎでしょう、コレ


「シェラでビーチ気分」と陽気なグラディスさん
P1080382.jpg


教えてもらった、ペピアン
(本当はコレに鶏肉が入ります)。
P1080385.jpg

グラディスファミリー、みんなで
P1080384.jpg


考えてみたら、
私、グアテマラ料理って未だによく分からないのです

何がグアテマラ料理?

そんなんだから、
もちろんグアテマラ料理の作り方なんて何も知らなかった。
今日のペピアン、
これはグアテマラ料理でしょう。
ゴマ・かぼちゃの種・チリ2種類・シナモンスティック・トマト、
これらを炒ったり、焼いたりして
ミキサーでガーっとかき混ぜる。
あとは煮込んで、鶏肉を入れる。

難しいと思っていたけれど
以外と簡単だった

これで、日本でグアテマラ料理(1品だけだけど)が紹介できる

今日もお休み。

2011/9/2

今日も、
保健従事者の日の休日

ということで
朝はゆっくり起きて、
軽くジョギングへ行って
洗濯して(もちろん手洗い)
エマヌエルとランチを一緒にして、
シェラでボランティアメンバーと飲んで・・・
とってもハッピーに飲んだものですから
帰りのバスでケータイを落としました

しかし

ここグアテマラではありえないことなのですが
隣の人が親切にも声を掛けて拾ってくれたのです

よかったーっ

JICAの規定では、
ケータイ失くしたら始末書ですから。

そのあと、
バスのなかで何回か肩を叩かれ、
声を掛けられたけど
(たぶん知り合いだった?)
眠過ぎてあんまり覚えてないのよね~
わはははは!
あーっ
しかも、
こんな日に限って
バスを降りてから男の子に声を掛けられ
家までついて来られた。。。
暗がりでよく見えなかったから
私の年齢が分かんなかったのかなぁ(笑)。
こっちじゃ、30歳過ぎたら
おばちゃん扱い、
下手したらおばーちゃんの年齢ですからね


おまけ
昨日食べた今年2回目のとうもろこしは
ここの家族が育てたもの
P1080360.jpg
できたてです

保健従事者の日⇒お休み

2011/9/1

グアテマラでは、
保健従事者の日というのがあって
(何でも記念日が多くてそのたびに休みにしてしまう)、
それがどうやら今週らしい。

保健従事者の日は
まさしくその従事者はお休みしてOK
(なんちゅう決まりでしょう)。

そこで、
私たちはカンテル市の保健センター職員と
診療所メンバーで、プールに言ってきました

(ちなみに出発は予定時間の1時間半遅れ
私たち、診療所メンバーは待ち合わせ場所で
ずーっと待たされました・・・けど、これグアテマラでは普通)


ここのプールは
レストランに併設されているプールで
ランチはここで食べました。

でも、
フライドチキンがメインメニューのレストランだから
私には食べられるものが限られていましたけど。

P1080329.jpg


・・・その前に、
彼らは、トルティージャと肉を食べていた!!!
ちょうどお昼時だったから
私はそれが昼食だと思って、
私は別にトルティージャに、チーズと豆を買って
一緒に食べました。

そしたら
それはなんと「おやつ」だったと聞かされて
もうビックリ・・・

あれだけ食べて、
まだフライドチキン?!?!

私は、
昼食だと思って食べたトルティージャが
まだお腹に残っていたから
フルーツだけ頂きました。

そしてこの昼食代、
なんと市役所から出たもので
市長の援助だと・・・
あと10日で選挙だから、ね。
日本だったら大問題になるけど、
こっちの選挙活動にどうやら違法というものはない。


私の横で舌を出しているのは・・・
カンテル市保健センターで働くエミリオ
P1080344.jpg


看護師のエスメラルダさんとソニアさん。
P1080349.jpg
2人とも働き者
これまで一緒に働いてきました。

現在シェカム診療所で実習中の医学生・アナ
P1080354.jpg
彼女、顔も性格もとってもかわいい


今、一緒に働いている看護師のルーキー
P1080355.jpg
良い職場仲間、
良い友だちです

そろそろ、帰国前のお別れ会を意識する時期になって
この保健従事者の日の休日により
みんなで良い思い出ができました

エマヌエルの家

2011/8/24

今日の夜は、
エマヌエルの家にご招待されて
夕食を頂いてきました。

エマヌエルとは、
1年ほど前に知り合って
共通の会議に出たり、
6月には共同で文化紹介を企画したり
これまでよく一緒に働いてきて、
私は彼に大きな信頼を寄せています
というのも、
正直言って
ここには、
仕事に対してここまで熱意を持って取り組んだり
責任を感じている人があまりいない
(全くいないとは言いません)。

グアテマラ人の考え方は、
人生で一番大切なのは家族だから
仕事はその次。

言葉で言うとなんだか簡単に聞こえるのですが
の現場に直面してしまうと
ときどき日本人の常識では・・・理解困難なことが多々あり。

まぁ、そんなことを言ってもここはグアテマラですから
そちらを尊重しなければ、です。

話を戻すと
そんななかでも
エマヌエルは働き者で
常にベストを目指して仕事をしています。

私にとって
仕事をする上で彼がどれほど支えてくれてきたか・・・

本当の弟のように感じている今日この頃。

今晩の夕食は、
グアテマラ風野菜ゴロゴロスープでした。
もちろん私用は肉なし(笑)。
おいしかった

あ、でも写真撮るのを忘れた

カンテル・フェリア

2011/8/16

今日は朝から
あのSESANの食糧配布をして、
診療所に戻りました

アベルくん
ほか2人の看護実習生が先週末で
実習を終えたので
今日は新たな2人が来てました

そして
午後は同僚には内緒なんだけど(笑)、
1時間早く仕事を切り上げて
ハイメに誘われて
カンテルのお祭りに行ってきちゃいました~

そこで最初で最後の体験の
グアテマラ観覧車

私たちの隣?下?にいた子どもたち
CIMG5774.jpg
この高さと、骨組みの華奢さ・・・

日本の絶叫マシンとは違うスリルでして・・・
もぉー絶対に乗らないけど
最初で最後の体験としては
おもしろかったわぁ~

まだ、余裕の表情
CIMG5766.jpg
しかしこのあと・・・

ハイメがビデオを撮っていたから、
ここに載せれたらいいんだけど
(自分で観てもおもしろい。ははは
村のネット事情ですと
写真が精いっぱいでして。。。

でも、
この景色きれいでしょ

マリアの卒業式

2011/8/15

今日は
シェラの保健事務所でミーティングがあるからって
カンテルは祝日なのにわざわざ行ったら
「中止」だと

なんで・・・
先に連絡ができないんだろう

でも
これがグアテマラ

しょうがないから
来ていた別の保健隊員と一緒にカフェへ行って
おしゃべりしてから、
1年前に働いていた医学生マリアの卒業式へ行ってきました。

卒業式の様子
P1080006.jpg

卒業生は舞台の左側にいる6~7人。
こっちの大学は
研究や卒論が終わった人から卒業するらしく、
卒業式もそれぞれなんだとか。
日本のように1学年いっせいには卒業しない仕組みとは
知らなかった。

マリアと診療所メンバーの記念写真
P1080017.jpg

最高のたんじょーび!

2011/8/13

あー

とうとう三十路に1年プラスされちゃったぁ

と言っても
昔から年上に見られてるから
自分の年齢をどう思うってことはないんだけど・・・

でも、
4か月前に白髪を1本見つけて、
最近またもう1本見つけて・・・
なーんて
エイジングも気になる今日この頃。

しかしですねぇ、
今日は最高の誕生日でした

グアテマラシティに
大好きなみんなが集合してくれて
一緒にスペイン料理を食べに行き
お誕生日をお祝いしてくれたのです

しかも、
バースデーカードには
びっしりたくさんのボランティアからのメッセージが・・・
いつの間に集めてくれたのぉ~

もう、感激で・・・感激で・・・

P1080085.jpg


もう1つ感激したことがあったんだけど、
これはまだ内緒、ね

カウントダウン

2011/8/12

なんのカウントダウンって

わたしの
たんじょーびです。

今日からお祝いが始まりました(笑)

診療所のみんなから、サプライズのケーキ
P1070993.jpg

いやぁ・・・
嬉しかったです
もうお祝いしてもらうような年ぢゃないと思うと
なおのこと。
わははっ

そして、
ホストファミリーと友だちと一緒に
また
フエンテス・ヘオルヒーナス(温泉)へ行ってきました
P1070994.jpg

あ、
みんなで写真撮ってないぃ~

12kmマラソン

2011/8/7

昨日は山登りに行って、
夕方に帰ってきて
そのままシェラに行って
日本大好きマジェリンちゃんたちと遊んできたのです。
ちょっと早いケド
私と同期隊員のお別れ会って言われて。

マジェリンちゃんの友だちが
エスタンシアの隣村に住んでいる
カティちゃんで、
そのお姉ちゃんがシェリルちゃんで・・・
確か10代なんだけど、、、妊娠してた
結婚するなんて聞いてないし
彼氏も来てなかったし・・・
まだ大学に行ってたはずなんだけど。。。
しかも大きなお腹で一緒にクラブへ行ってしまった
いやぁ・・・どう見てもできちゃった、でしょう。
だってまだママになる準備できてない感じだもん。
村ではよくあることなんだけど。。。ね。

さてさてこのお別れ会、
お家で夕食を頂いて、
(お父さんの運転で)みんなでクラブへ繰り出して
その後、
私は11時頃にタクシーで家に帰るつもりだった。
そう話すと
「あなたのためのお別れ会なんだから帰らないでーっ
と言われて
どうしても帰れないことに・・・

何が問題だったって、
日曜の朝にカンテルの12kmマラソンに誘われていたのです。

土曜日は
クラブから帰って2時に寝て、
5時に起きて
家に帰ってからカンテルに行きましたよー
走るために

この12kmマラソン、
昨日一緒に山に登ったジャーナリストのハイメに誘われたからで
私も彼を誘って
一緒に走りました

驚いたのが、
ランナーたち・・・
みんな超速かったのです
たぶん、
本気で走ってる人しか参加してなかったと思う。

でも、
私(たち)はマイペースで最後まで走り切りましたよー

ハーフマラソンだとさすがに心も体も準備が必要だけど
12kmマラソンだったらなんとかなる

やまのぼりクラブ遊び睡眠不足12kmマラソン

まだいけるっわははっ



裏山登り

2011/8/6

今日は朝から
シェカムの裏山登りに行ってきました

裏山と言っても・・・
本気の山登りっ
なんといっても
ここは、標高2400~2500mの山の中ですから。

途中の風景
P1070949.jpg

大木
P1070936.jpg



今日のメンバー
P1070933.jpg


山の上から
P1070939.jpg


朝6時半から歩き始めて、
帰ったのは5時近く。

頂上でみんなでゆっくりして、
景色を楽しんだり、おしゃべりしたり
ゆったりした時間を過ごしました。

家から歩いて
こんなステキな風景に出合えるところがあるとは、
知らなかった!

私、いいところに住んでるぢゃないっ

15歳の誕生日パーティー、 キンセニェラ♪

2011/7/31

診療所の同僚、ルーキーに招待されて
彼女の姪っ子の15歳誕生日パーティーへ行ってきました

ルーキーは同僚で
毎日一緒に働いている仲でも
彼女の姪っ子には・・・実は会ったこともなかった

けれど「おいで~」
と招待されたから
お誕生日パーティーへ

しかも、
私の友だちも一緒に(笑)

グアテマラのパーティーは
いっつもこんな感じ。
主役を知らなくても
呼ばれたら行っちゃう。

主な目的は・・・食事です(笑)

今日も、着いて昼食を頂いて
ケーキを頂いて、
帰ってきました

あ、プレゼント忘れてた…
と途中で気づいた。

ありえん、私

明日、ルーキーに渡そう・・・


今日のメンバー私の左隣が今日の主役
P1070785.jpg

ジェシーの誕生日、グアテマラの金婚式

2011/7/24

今日はジェシーの誕生日
日本大好きマジェリンちゃんのお姉ちゃん

こーんなにおっきなケーキが2つも
P1070620.jpg

しかし

このケーキがはっきり言って・・・
まずかった・・・
まぁ、でも大切なのは気持ちですから。気持ち


夕方は
マジェリンちゃんファミリーの親戚の
金婚式に一緒に行ってきました

私、この夫婦のこと全然知らないのに・・・


金婚式と言ったら
おじーちゃん・おばーちゃんの
地味なセレモニーと思ったら
大間違い

なんて言ったって
こっちでは15歳で結婚しますからね。
まだまだ若いのです。

サロンを貸し切って
来る人が絶えません。
P1070628.jpg

DJ呼んで
ガンガン音楽かけてましたヨ
P1070627.jpg


家に帰ったのは9時過ぎ。

エルサルバドルからで、
10日ぶりの帰宅。

カタリーナちゃんの後任ボランティアの
エリザベスちゃんがいました

カタリーナちゃん、行っちゃった。。。

2011/7/11

カタリーナちゃん
ここから行っちゃった

さみしぃー
さみしぃー
さみしぃぃぃぃぃーーー

家を出るとき、
彼女は
「アメリカに帰れると思うと
嬉しくってウキウキすると思ってたのに、
なんでー???
もうここに戻ってこないと思うと
悲しくって涙が止まらない」

と言って
泣いてました。

私も
我慢してたつもりだけど
やっぱり我慢できなかった・・・

今週の金曜日には
また首都で会う予定だし
アメリカだったら会うのはそう難しくないけど、
でも
これまでのように
毎晩()話すこともできないし
お部屋で一緒に映画を観ることもできない。
この今の私の日常から
彼女の存在がなくなるのが・・・
私には正直耐えれない。。。

私たち、
毎日毎日お互いに何があったのか、
楽しいことも、大変なことも、おかしなことも・・・よく語り合いました。
お互いに、
正直な意見を言い合いました。
おかげで
このグアテマラ生活がどれだけ私にとっておもしろくなったか、
楽しいものになったか、
どれだけ、助けられたか。

本当に
彼女のおかげです。

一人暮らし歴10年、
この歳になって
外国の、
しかも田舎の家族と一緒に住むって楽なことじゃありません
いくら家族が良い人でも、ね。

田舎でボランティア活動するには
いろんな障害があります。
特に保守的なマヤ文化が色濃く残るここでは。

それでも
楽しく過ごせたのは
カタリーナちゃんのおかげです!!!

私の日本語教室の生徒さんたち、
私とカタリーナちゃんのことをよく知っているので
エマヌエルは励ましに職場まで来てくれ、
エディは電話をしてくれました
みんな、優しい・・・
日本語教室やっていてよかった


さて今日は、
心が痛む上にお腹も痛い。
久しぶりの腹痛にまで苦しむ日・・・
昨日の夜食べた、何が原因なんだろ

それでも仕事はありまする。
というわけで
今日はまた隣村のシェウルに行って
お母さんグループSERJUSなどの組織とお互い初めての顔合わせ、
プロジェクト準備を進めてきました。

とうとう明日。

2011/7/10

カタリーナちゃん
朝からせっせと部屋の片づけをしてます。

でも、
彼女自身も私自身も
カタリーナちゃんが帰ってしまうことに
まだ実感湧かず。

私は朝から何したかな・・・
ジョギングして、
服を洗って(もちろん手で)、
干してたら乾く前に雨が降ってきた(雨季ですので)。
あぁ、これは乾くまでに3日かかるコースだわ。。。


カタリーナちゃんに何をプレゼントしようかなと考えていたんだけど
思い出の写真を集めたムービーにすることに。
最近覚えたムービーメーカーで作りました
それをとっても喜んでくれて
よかった~

そして
彼女からは
裏にメッセージがぎっしりと書かれた写真のコラージュをもらいました。


思い出の写真コラージュ
P1060382.jpg


裏のメッセージ・・・
P1060383.jpg



明日の朝、
カタリーナちゃんはグアテマラ・シティに向けて
パロマと出発します

こねこちゃん

2011/7/9

先週の日曜日に子猫が2匹おうちにやってきました。
それはそれはかわいいのですが・・・
P1060329.jpg

絶対、ノミ・ダニがいる!!!
このネコたちに!!!!

だって子猫たちが来て以来
私の虫刺されが
尋常じゃなくなってきたから

(私が)草食になってからというもの
虫刺されがなくなったと思っていたのに
ここにきてまた苦しむことになるとは・・・

しかも家族は、
このネコたちを台所の段ボール箱に閉じ込めて、
もう私からしたら動物虐待状態。

なんで閉じ込めてるの?と聞くと
「台所でおしっこするから」だとさ。

そんなこと
初めから分かってることでしょー、
と突っ込みたくなる。

家の犬にしても、
いたずらするから、餌代が高いからって
すぐに売ろうとするし・・・
なんというか
ペットに対して愛情があるのか、ないのか。

カタリーナちゃんが頑として
彼女の猫、パロマをアメリカに連れて帰る理由が分かる。。。

それにしてもこの虫刺され・・・
キンカンが余ると思ってたのに
あと2カ月、
帰国まで持つのか心配になってきた・・・


ノミ・ダニ無敵のカタリーナちゃんは
子猫ちゃんたちを抱っこできちゃう
P1060324.jpg
でも、
実は子猫ちゃんたちが来てからというもの
パロマの様子がおかしい。。。
ヤキモチ
テリトリーの侵略

あとちょっとだけ・・・
我慢するんだよー、パロマ

カタリーナちゃんのおわかれ会@おうち

2011/7/7

今日の夜は
カタリーナちゃんのお別れ会を家でしました。

実はね・・・
ホセファ母さんが準備すると
いつでも
何時になるのか分からないぐらい時間がかかって
今日も7時になっても、8時なっても声が掛らず・・・
ようやく9時に始まり

今日のメニューは
カルドサというスープ。
P1060315.jpg
ここ、カンテルの料理らしい。

お別れ会では、
ひとりひとりがカタリーナちゃんに言葉を贈ったけれど・・・
私は何も言えませんでした。
ここで、
一言で表せるような
そんな簡単なもんぢゃなくて・・・
彼女への気持ち。

あと3日かぁ・・・

出会った頃は
このときがくること、想像もしていなかったな。。。

P1060320.jpg
現在、
カタリーナちゃんの後任ボランティア・エリザベスちゃんが来てます

Pentecostal

2011/7/6

仕事を終える前に家庭訪問へ行ってきました。

途中で見てきた
今日の畑
P1060225.jpg
青々としてます

1件目の家庭訪問、
家に着く前に子どもが迎えに来てくれました
P1060230.jpg

2件目の家では
お母さんと娘ちゃんたちが庭の果物(リンゴなど)を採ってくれて・・・
それを渡してくれようとしているところ
P1060238.jpg

親子3人で
P1060243.jpg


仕事のあと、
夜は市役所のイベントに参加してきました。

知らなかったけれど
これは宗教イベントで・・・
驚くことに
会場になっていた市役所も
宗教イベントということは知らなかった・・・って。

主催団体はアメリカから来た
Pentecostal(ペンテコステ派)の人たち。

わけわからないラッパーが出てきて熱唱
隣の通訳も・・・熱唱
P1060266.jpg

神に祈ることで起こった奇跡を経験したひとたちの証言

P1060284.jpg

そして、記念撮影
P1060289.jpg

言葉は悪いけど、
もう完全に見下しているとしか思えないアメリカ人たちのこの態度・・・

この人たち、
市役所には宗教イベントだなんて一言も言わず
ただ「文化的なイベント」だとしか伝えてませんでした。
この計画段階で私も話し合いにたまたま参加してたから
知っているのです。

アメリカだったら大問題になるはずなのに。。。

おまけに
くじ引きで、液晶TVやDVDプレーヤー、電子レンジを用意して
人集め。

当たった人たちは喜んで持って帰っていましたが
それでいいのだろうか。

いや、よくないよ。。。

なんだかアメリカとラテンアメリカの関係を垣間見た気がした
今日のイベントでした。

スペシャル日本語クラス

2011/7/3

今日はカタリーナちゃんにとって最後の日本語クラス。
というわけで、
スペシャル・クラスにしました

生徒さんには
午前中から集まってもらって
日本食の準備

みんな
その働きっぷりに感心するぐらい
よく手伝ってくれました
P1060201.jpg
左から、エマヌエルルイス、エディ、ちょっと隠れてるけど・・・ダビッド

そして
出来上がったものは
ハヤシライスサラダ
P1060208.jpg
サラダにはもちろんしょうゆ味ドレッシング(笑)。

簡単でしかも人気の天ぷら(かき揚げ)。
P1060207.jpg

今日の日本語教室には、
ホセファ母さんとエンリケ父さんも参加
P1060206.jpg


お食事の後は、
和紙でみんなにそれぞれ箱を折ってもらって
それをデザート入れにして
ちょっと日本らしい雰囲気を取り入れました(つもり)。

最後は、
プロジェクターでナウシカを鑑賞。
やっぱり大画面で見る映画はいいなぁ。。。
というわけで、
映画セット、欲しいっ
実はこれ、こっちに来る前々から
ずーっと心に抱いている欲望で、
ヨドバシカメラに下見に行ったこともあるぐらいで・・・
日本に帰ったら・・・(笑)。

私の欲望は置いておき、
いつもと趣向の異なる日本語クラス、
カタリーナちゃんにとっても
みんなにとっても思い出に残るものになっていたらいいな。
もちろん、
私にとっては特別なクラスでしたヨ

代休の金曜日

2011/7/1

本日は、代休でお休みの金曜日。

カタリーナちゃん
シェラでランチの予定で村のバスに乗ったら・・・
そのバスが、
行ったり、来たり
いつもと全然違うルートを通って、
な、な、なんと
30分後、私たちがバスに乗った場所に戻ってしまった

いつもの倍の時間かかってシェラに到着・・・

まぁ、無事に着いたので
よしとしましょう。
私たちは、
ミニお別れ会と称して
カタリーナちゃんリクエストの中華料理(Woon Kooc)
自らをピッキー(好き嫌いが多い)と言う彼女も大満足のランチでした。

その後、
BAKE SHOPでパンを買って
ここのパンは特別においしい私はヨーグルトも好き
PAIS(スーパー)で
ちょこちょこ買い物をしてから
2人で村に戻りました

行きのバスでは
どうなることかと思ったけれど
楽しいお出掛けでした。

実は最近シェラでもバスを狙った事件が多くて、
カタリーナちゃんは
シェラ市内でバスに乗るのはやめようと言い
私たちはすべて徒歩で移動しました。

2,3ヶ月前から
バスの運転手さんを狙った事件が多発して
その流れ弾に当たった乗客が亡くなるというケースも珍しくありません。
首都だけでなく
シェラも治安が悪くなってきているのが分かります。
気を付けようと思うけれど、
もうこれは運もあるからなぁ・・・

ヘアーサロン

2011/6/22

グアテマラで髪を切るのは
実は結構勇気がいることだったりして、
間違ってしまうと
取り返しがつかないことに・・・

安いところだと
1回100円、200円で髪を切れますが
出来上がりは保障できません

今日は
シェラに用事があって
その上待たなければならない時間ができたので
髪を切ることにしました。

目指すはBlue Salon
ここは先輩隊員から聞いたところ。
口コミは安心です

髪を切っているときに
毛をガシっと掴まれて
ザクザクはじめられたときには・・・
どうなるのぉ~とかなり心配しましたが
出来上がりには
満足
まぁ、日本のようにはいきませんけど・・・
ここでそれを求めてはなりませんっ

髪を切るのは
ここグアテマラで2回目。
今回で最後かな。

特別な日

2011/6/21

今日の仕事は、
午前中はお母さんグループに
ノエミちゃんがまた料理を教えてくれるということで
それに参加をしてきました。

お母さんたちの手早い作業
P1060029.jpg

右端の子どもに注目
P1060030.jpg
「おかーちゃん、飽きたよーかえろーよー


そして、今日の畑の様子は・・・
キャベツができてきました
P1060019.jpg

白菜は収穫時期
P1060021.jpg

というわけで、今日は白菜の収穫をしました
P1060036.jpg

大量の白菜を収穫
P1060050.jpg

私も持って帰って料理しましたが、
この「白菜」クセがなくっておいしいのです
オススメは、
こっちで教えてもらった
「トマトと玉ねぎと一緒に油で炒める」料理。
これ、いけます

1把15円
いかがですか~(笑)


さてさて、
この野菜栽培を始めるにあたって
必ず「囲いが必要」だと言われました。
でも、その囲い用のフェンスを買うお金が・・・
ということで
私が出すことにしました。
でも、あくまで「貸す」ということで。
別に寄付してもよかったのですが、
仕事を安易にとらえて欲しくなかったので
お金は返してもらうことにしました。

でも、そのおかげで
お母さんたちは野菜栽培をがんばり、
責任を持って仕事をしてくれています。
ご近所にも野菜を売ったりして
今日なんとQ200(約2000円)も返してくれました。
これ、グアテマラでは大金です。

お母さんたちのやる気のある取り組み姿勢が
私は本当に嬉しかった

野菜栽培の目的は
低体重児の家庭の栄養状態向上、
子どもの成長のためでしたが、
それ以上の結果が得られていることが目に見えてわかります。


さて、午後は
カタリーナちゃんが働く中学校に
ロウと行って性教育をしてきました。
P1060072.jpg
本当は5クラス回る予定だったのに、
なんだかアクティビティがあるとかで
大勢の生徒がひとつの教室に集められて
そこで避妊についての講義をしました。

・・・何を優先しているのか疑問に思う
グアテマラの教育事情。

常にこちらのやり方に振り回されている私たち。


そして、家に帰ってメールをチェックすると
「姪っ子ちゃんが生まれたというお知らせが

私にとって初めての姪です。
生まれてくることは分かっていたのに、
生まれたのが分かった瞬間
こんなに嬉しいとは思ってもいませんでした。

(ネットが遅いから)1時間かけて
4枚の写真をダウンロードして、
写真を見たら
もう感激

家族が増えるっていいね。

日本に帰ったら、抱っこしてあげたいな
彼女が成長したら、
生まれたときに
遠くにいる私がこんなにも感動したことを伝えてあげたいな

仕事で大変なこともあるけれど、
彼女の写真を見ていたら「がんばれる」と思えちゃう!

私のパソコンスクリーンは、
もう既に彼女の写真(笑)
写真がよく見えるようにアイコン整理までしちゃった~

秘密の写真

2011/6/20

職場でデジカメの写真を看護師のルーキーに見せていたところ・・・
彼女が全部の写真を見始めました。

別に隠す写真もなかったから
見てもらっていたんだけれど・・・
実は秘密の写真がありました。


村の女性、マリアさん
P1050494.jpg

彼女の歯の写真がずーっと欲しくて(笑)
隠し撮りしちゃっていたのです。








P1050495 (2)

マリア・サカルショットというイニシャルの間に
★が2つ

こちらの人はこういうギラギラの歯が好きで、
歯医者さんの入り口も・・・
P1040265.jpg
こんな感じ。

看護とは

2011/6/15

先々週から、様子を見に毎日通っていた
83歳のおじいちゃんが
昨日亡くなりました。

看護とは・・・アートである。

と学生時代の教科書に書いてありました。

正直、意味分かりません。

そして、私の中ではずーっと
「看護ってなに?」と思ってました。

看護学校で勉強しているときも分からなければ
働き始めてからも、
「看護」というものが何なのか
自分では分からずにいました。

でも、
このおじいちゃんのもとに通い始めて
今まで疑問に思っていた「看護」というものが
なんとなくわかったような気がしました。

おじいちゃんは
いわゆる末期にありました。

何も手の施しようがありませんでした。

でも、そんな状態であっても
少しでも楽にいてほしいと思って、

家族に

口の中を湿らせてあげるように言ったり、

手足が冷たかったら温めてあげるように言ったり、

楽な体勢に整えてあげたり、

体位変換(なつかしい響き)をするように言ったり、

体の清潔を保持するように教えたり。

これ、看護学校で教えてもらったことだし
病院で働いていたときは
毎日のようにしていたことです。

でも、
日本の病院の中では
医学に重点が置かれていて、
私はその波に流されていたような・・・

それで私のなかで「看護」が何なのかが分からなかったんだと思います。
毎日していたことにもかかわらず。

看護がアートなのかはどうなのか、分かりませんけど
看護とは、「思いやり」。
この一言に尽きるでしょう。

グアテマラ人の常識?非常識?

2011/6/11

まず、ここで・・・当たり前ですが
グアテマラ人に日本人の常識なんて通用しませんっ
そんなことは分かってるけど、
昨日の夜はさすがに参った。。。

月曜日ぐらいから
「金曜日にエンパナーダを作りたい」って
ホセファ母さんに言われてたの。

で、私が出掛ける直前に
必要な材料のリストをお願いされて
(バスが行っちゃうって・・・
材料は揃えてくれたのはいい。
でもね、
金曜日の夜10時
「エンパナーダ・・・」と言われたときにゃ
「まぢで?今から作るの?と聞き返しましたが
平気で
「うん」 と。

でも、作りました
ホセファ母さんのために

というのも、
日曜日がホセファ母さんのお誕生日

土曜日から1泊で
みんなで
海の近くへ遊びに行こうという計画。
それにエンパナーダを持って行きたいと言われたのです。

このお出掛け
もちろん私も誘われていました。

最初は「行く」って言ってたんだけど
本当は行きたくなかったの~

だって、
家族の旅行スタイルを見てると
「目的地に着く」ことが旅行の目的で
着いた場所で何か楽しむっていうのは
あんまりしてないようだから。

しかも、
食事用の薪から水から何でもかんでも持って行く

一緒に行っても
楽しいどころか・・・疲れそう

というわけで
旅行は理由をつけて断り
ホセファ母さんのお誕生日のために
夜中のエンパナーダ作りに専念しました

カタリーナちゃんからは
Red Bullの差し入れがあり
途中、何回も台所に来て励ましてくれ(や、やさしい
もう、がんばりましたよーっ

終わったの、2時過ぎ
それでも、出来上がり~
P1050950.jpg

あ、でも私は肉が食べれないから
これ、無理。

でも、カタリーナちゃんからは
「おいしかった」って。
よかったわ~


グアテマラのサービス

2011/6/5

グアテマラ
コーヒーの産地として有名ですが、
実は現地の人はあまりコーヒーは消費せず、
飲んでも
インスタントのコーヒーをごく薄く作って
砂糖を大量に入れ、
コーヒーなのか紅茶なのか本当に区別がつかないぐらいのものです。
だから
道端で売っている「コーヒー」もそれ。

シェラなんかのカフェは
もっぱら外国人用。
値段も(グアテマラにしたら)高めです。

私のここでのお気に入りは、
&Cafe (イーカフェと呼んでいる)

グアテマラのカフェで
唯一、ソイ・ラテが飲めるところだから。
でも、3日前に飲んだら・・・味が変わってた
残念・・・

というわけで今日は普通のラテを注文

そしたらなんと

カフェのお兄ちゃん、
私の名前を覚えていたのです
もう、
グアテマラぢゃありえないサービス

ここのカフェでは
カップに名前を書きます。

P1050751.jpg
確かに、
Sachikoぢゃなくて
Zachgoになってるけど、
聞いてると、Sachikoって聞こえるし。

ここのサービス100点満点

こんな感じのカフェです
P1050752.jpg


午後は、
久しぶりに日本語教室を開きました
今日のテーマは表現

「すごーい」から始めて
「さむーい
「あつーい
「かわいー
「かっこいー
など。

使えそうでしょ
・・・こんなこと、誰が教えた?って言われそう

シェラで過ごした週末

2011/6/4


私たちより3ヶ月前に来たボランティア隊次が
あと2週間で日本に帰国します

今まで一番長くともに過ごしてきた仲間たちだから、
帰国の日が近づくことが・・・寂しい

今日は、
その隊次の何人かの仲間とシェラ近郊に住むボランティアたちが
夜のシェラに集合しました

みんなでインドカレー屋さんに行って
カレーを食べて
Sabor de la India というおいしいカレー・レストランがシェラにはあるのです
その後、(できないけど)ビリヤードに行ってはしゃいで、
本当に楽しかった~

私を含めて何人かはそのままシェラのホテルに泊まって、
そこで3時までおしゃべりしました

そう、そのホテルで
ありえないアクシデントが・・・

私が顔を洗って、
自分のホテルの部屋に戻ろうとして、
何気なく「3」の部屋のドアを
ドンと開けたら・・・

ベッドの上に裸の男女がぁぁぁぁぁ

そう、わたくし
お部屋を間違えちゃったのです

もう、私も焦りまくって
小さな声で
「すみません」と言って去ったものの・・・

焦って扉がなかなか閉まんない

後ろから追いかけられると思ったわぁ。。。

あぁ、本当にごめんなさいカップルさん

それにしてもドラマのようなアクシデントでしたわ・・・
忘れられないシェラの夜になりそう

タコス

2011/5/29

今日は、
マジェリン家族が
私のためにメキシカン・タコスを作ってくれると言って、
教会に行った後
朝から準備をしてくれましたっ

問題は・・・
私が肉を食べれないこと

私が肉を食べれなくなったのは、
「肉」を見ると
動物たちを連想するから
(ここには周りにたくさん動物がいるせい)。

日本では平気だったし(むしろ好きだった)、
こっちに来てからも食べていたんだけど
あるときから受けつけなくなってしまったのです。
というわけで
今はベジタリアン(でも、シーフードは大丈夫)。


まずは、市場の豚肉屋さんへ
下に見えるのは豚足
P1050465.jpg

それから鶏肉屋さん
P1050467.jpg

プラスチック容器に入っているのは・・・
鶏の足
P1050469.jpg
もうなんでこんなグロテスクなものを売ってるのぉ~
・・・実は、ここグアテマラの料理で
鶏の足スープというものがあります。
スープにこの鶏の足が浮いているのですが、
もうこれは本当に本当に、勘弁してほしい
一度、この鶏の足スープを頂いたことがありますが・・・
正直、泣きそうだった

たぶん、私が肉を食べられなくなったのは
この売り方にも影響されているんだと思う

しかし、
肉を食べなくなってから
体調は良いし、
なんとノミ・ダニに刺されなくなったから、
こっちの方がいいやというわけなのです。

そこで、
私のためにタコスを作ってくれると言う
マジェリン家族にどう断ろうと考えて・・・
「ちょっと消化の問題で、肉は食べてはダメなの」と言ったのですが、
結果は
失敗

「なんで?なんで?」
「もうこれからずっと食べれないの?」
と質問責めの挙句、

「ちょーっとだったらいいでしょ?ちょっとだったら

「あなたのためなんだら、
食べてもらわないと私たちが満足できない
と言われて、

じゃあ、ちょっとだったら・・・・と負けました。


こちらのトルティージャは、
手でペタペタと伸ばす分厚いものですが、
今日はメキシカン・タコスということで薄いトルティージャを買ってきました
P1050471.jpg
ちなみに、
この量×3のトルティージャを買ってました・・・

このトルティージャを買っているとき、
たまたま友人隊員が通りかかって、
日本好きマジェリンとその姉弟は大感激っ


さて、家に帰ってから
トマト・玉ねぎを刻んで、
買ってきた肉を茹でて、それも刻んで
メキシカン・タコス作り

お母さんが、私のタコスを作ってくれています。
この巨大フライパンの中、実はぜーんぶ
P1050480.jpg

できあがったタコス
P1050482.jpg

ちょっとだけと言っていたお肉の量・・・ぜんぜんちょっとぢゃないし

でも、
ご好意を無駄にできないと思って
(ちょっと無理して)食べました
何ヶ月ぶりの肉だったのかなぁ・・・

そういえば、タコスを食べる前に
お父さんに隠れてみんなでビールで乾杯しちゃった~
お父さんは「飲んだら怒る」けど、
お母さんは「何飲む~?」って



マジェリンの一番下の弟は、4歳のロドリーゴ
P1050477.jpg

この子がまたかわいいのです

お家に遊びに行くと、
私に日本語で挨拶してくれます。
   マジェリンが教えてる。


腰に差している剣、
実は料理用のスパチュラ
P1050462.jpg

P1050461.jpg

久しぶりのお肉に、
子どもがいる賑やかで愉快な家、
グアテマラらしい
楽しい週末でした
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。