スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チチカステナンゴ

2011/9/4

実は、昨日グラディスさんの家で
お料理を作ってから
そのままパナハッチェルに行って
ボランティア仲間と合流しました

というのも、
チチカステナンゴへ行くために

チチカステナンゴは
日曜日にある大きな市場が有名です。
パナハッチェルからはバスで1時間ぐらい。

今回の目的は
日本に持って帰るお土産のお買いもの

本日のメンバーは・・・
P1080386.jpg
(チチカステナンゴのホテルにて⇒ここはトイレの利用だけして泊まってはない

午後から最後の日本語教室の予定が入っていたから
ぱーっと買い物をして
帰ってきました。

帰りのバスで見た風景
P1080388.jpg
座席の間に座るおっちゃん。

この、チチカステナンゴからシェラ行きのバス、
ものすごいスピードだったもんだから
早くにシェラに着いちゃった

・・・この(チチカステナンゴの)バス、
やっぱりスピード出し過ぎで危険だからオススメしません

ま、でも今日はそのおかげで
最後の日本語教室に間に合いました。
今日の生徒さんは、
お家のルイスアンヘラちゃん、
エディエマヌエル

この10ヶ月間で、
みんなひらがなが書けて、読めるようになって
挨拶ができて、数字が分かるようになりました
素晴らしいっ
スポンサーサイト

モラレス着

2011/8/26

昨日の夕方シェラを出て、夜に首都に着きました。

シェラを出るときに
「ストをやっているから・・・」と言われて
どうなるかと思ったけれど
特に止まることもなく
スムーズに首都着。

そして今朝、
やっぱりまた
「ストをやっているから・・・」と言われて、
今日のは
ばっちり引っかかってしまいました

こっちのストライキは
よく幹線道路を封鎖してしまいます。

だから、道の途中でそれに当たったら
もう動けません。

今日は8時に首都を出て、
1時頃にはモラレスに着く予定が
3時過ぎになっちゃいました

まぁ、それでも明るい内に着いたから
よしとしましょう。

夜は、
他のボランティアとモラレスのホテルに泊まって
11時までプールで遊んじゃいました

いやぁ、楽しかった

そうそう、なぜモラレスに来たかというと
同期隊員が
植林ツアーを計画してくれたからです。

明日、朝から植林予定

モンテリコで歓送迎会

2011/8/20-21


またまたモンテリコへ行ってきちゃいました~

私の部屋のドアにあるホワイトボード・・・







モンテリコにいまーす
P1080087.jpg



今回のモンテリコ旅行は、
シェラ近郊隊員参加の
私たちの隊次のお別れ会と
新隊次の歓迎会を兼ねたもの

きっかけは、
私がモンテリコが大好きだから
なんとそれを知る隊員が
計画してくれたのです

シェラからバンをチャーターして
総勢15名で行ってきました


みんなでランチの様子
P1080094.jpg


このあと
ライフセーバーのマルビンと会って
また一緒に海に行ってもらいました。

波はいつものように高かったけれど、
楽しかった~

マルビンは、
私がモンテリコへ行くと必ず
「海へ行こうか?」と誘ってくれます。
面倒臭そうにしたこと、
一度もありません。

モンテリコが大好きなのは、
モンテリコの海が大好きなのは
そんなマルビンのおかげでしょう

モンテリコのライフセーバー
マモイ(左)とマルビン(右)
P1080113.jpg



そして夜は、
歓送迎会のためにみんなが料理を作ってくれました

魚とエビのフライ
P1080103.jpg
おいしかった~

そして、
なんと私の誕生日のお祝いまで
P1080109.jpg

もう、大感激

そのあと、
夜はマルビンと一緒にビーチへ行って・・・
ウミガメの産卵を見ました
P1080120.jpg


今はウミガメの産卵シーズンらしいけど、
運が良くなければ見れるものではありません。
マルビンに大感謝

ウミガメの卵
P1080121.jpg
これ、「食べる?」って言われたんだけど・・・
さすがに「うん」とは言えなかった。。。

モンテリコはウミガメの保護区で、
産卵後の卵は
回収されてウミガメ保護施設で育てられ、
その後、放流します。

産卵を終えて海に帰っていくウミガメ
P1080138.jpg


いやぁ・・・
ウミガメの産卵なんて見れると思ってなかったから
本当に感激しましたっ

その後、
また飲み始めて
プールで泳いだり、騒いだり、
寝たのは2時過ぎなんだけど・・・
翌朝また
マルビンと海に行って泳いで、
1泊2日のモンテリコ旅行を大満喫

企画してくれた隊員はもとより、
一緒に行ってくれた隊員全員に大大大感謝
P1080142.jpg

モンテリコ最終日

2011/5/25

モンテリコ、朝の波
P1050324.jpg

ここは暑いから、
犬も日陰を求めて・・・なぜかイスの下に潜り込む。
P1050347.jpg


カフェでゆっくりしていたら、
ライフセーバーのマルビン君がやってきた
モンテリコの海に入るときは
いっつも彼が一緒に来てくれます。
今回はまだ会ってなくて
もしかしたら会えないかもって思っていたから、
嬉しかった~

帰る前の1枚。
P1050407.jpg

朝9時にモンテリコを出発して
バスを乗り継ぎ・・・乗り継ぎ・・・
村には3時半に着きました。

帰ったばかりだけど
また行きたいモンテリコ
大好き~

モンテリコ <2日目>

2011/5/24

モンテリコ
私がグアテマラで一番好きな場所

でも、
まだまだ知らないところがたくさんあるみたい。

今日は観光ガイドさんに誘われた
自然ミュージアムのようなところへ行ってきました。

そこにある博物館と名の付いた建物
P1050360.jpg

中を見てびっくり













子どもの工作?
P1050353.jpg

ここにも不思議な置物が・・・
P1050354.jpg

一緒にいた隊員、「干物だー」って言ってました
P1050350.jpg

このポスター類も意味不明。ちなみに右下は新聞のスポーツ欄の切り抜きです。
P1050359.jpg

ここには
イグアナやワニがいましたが
外では蚊にさされまくって
もうそれどころじゃなかったから
すぐに帰っちゃった

この自然ミュージアム、トルトゥガリオって言ったかなぁ(確かではないけど
入場料 Q40也。
これ、グアテマラじゃかなり高いと思うんだけど・・・
それでこの内容

何か改善方法はないものか・・・


でも、その後海に行って気分転換

P1050387.jpg

波が高いの、分かります
P1050389.jpg

この波の高さと強さ・・・
私はさすがに怖くて海に入れなかったのに
地元の男の子は、泳いでた
P1050393.jpg

滝のような高さの波を前にしても、ヘーキ
P1050398.jpg

地元の人は違います

コバンマラソンの後

2011/5/23

コバンマラソン後は、
ちょっとお休みを頂いて
またモンテリコへ行こうと決めていました

昨日、マラソン後にコバン首都へ移動。
今日は首都でちょっとやることがあったので
JICA事務所へ行ったりしてたら
隊員連絡所を出る頃には、2時半になっていて・・・
今日中にモンテリコに着くか心配だったけど、
タクシーに乗って、
バスターミナルへ行くためのトランスメトロ(市バス)の駅をお願いすると
「ぼくの家がバスターミナルの近くだから、そこまで行ってあげる。
料金はトランスメトロの駅までの分でいいから」
って
ラッキー

その後、
モンテリコ方面へ行くバスもすぐに来て
乗り継ぎもスムーズにいき、
バス乗り場とバス乗り場の距離があったところでは
地元の学生が案内してくれて
バスの運転手さんが頼んでくれた)
みんなのおかげでモンテリコに着けました~
あぁ、本当に感謝

モンテリコのホテルは
 Brisas del mar
P1050365.jpg

中はこんな感じ

P1050291.jpg

このプールが気持ちいい
夜は温水プールのようにあったかいの~

カタリーナちゃんの手術

2011/3/16

カタリーナちゃんの胆摘手術がいきなり今週の金曜日に決定
術前検査などのために
彼女は今日、首都に向かって出発しました

今週末は
任期を終えて日本に帰る隊員のお別れ会が予定されているため
私も首都に行きます。
ちょうど良いタイミングでお見舞いができそう。

そう、今週末は隊員のお別れ会とともに
大使公邸のお食事会に招待されていたのですが
東北大震災のために中止となりました。

同期隊員との旅行? サン・ペドロ登山

2010/2/17

本日は、
サン・ペドロ火山の登山に行ってきました。

サン・ペドロ火山は標高3050m、
アティトラン湖のすぐそばにあり湖の景色をより素晴らしいものにしています。

サン・ペドロという
アティトラン湖周囲にある町に行って
登山について尋ねると
簡単にツアーを見つけることができます。
ツアーと言っても個人で、登山ガイドを頼むだけですが。


前日、6時にホテル前だと言う約束だったのに
やっぱり時間通りには始まらない、グアテマラ
ちょっと待ってから
ピックアップトラックで登山口へ
タクシーって言ってたくせに
ピックアップトラックの後ろだった


今から登山
P1030946.jpg


朝焼けの様子
P1030950.jpg


登山途中の景色
P1030957.jpg


サン・ペドロ火山は
噂では
「ずーっとのぼり」と聞いていたけれど
その通りでした

途中に見た珍しい鳥(名前は忘れた
変わった鳥で、まるで鶏が木の上に居るようだった
P1030974.jpg

ハードな上り坂でも
みんないいペースで、4時間ほどで頂上に到着っ

頂上からの景色
P1030997.jpg

やはり、
山の頂上からみるアティトラン湖は絶景でした

旅行中に登山はなかなか経験できないでしょうが、
翌日、翌々日、そしてその次の日までの筋肉痛を計算に入れたら
不可能でもないこのサン・ペドロ登山。
ハードですが登ってみる価値ありです

ちなみに私たちは来月、
中米最高峰のタフムルコに挑戦することにしました。
私にとってこれは2回目になりますっ

同期隊員との旅行? ソロラ

2011/2/15

今日は朝ちょっと走ったあと
パナハッチェルでおいしいと有名なカフェ、
CROSSROADS CAFEに行きました。
ここのオーナーはアメリカ人で
とっても気さくな人。
そして評判なだけあってコーヒーがおいしい
お店で出すケーキもおいしい

カフェ自体は小さいのですが
とっても落ち着ける雰囲気でゆっくりできます


カフェのあとは
パナハッチェルからバスで20分ほどのところにある
ソロラへ行ってきました。


?ソロラの市場の風景?

手前の女性はチチャロン(豚の皮のフライ)を売っています。
P1030907.jpg

P1030909.jpg

P1030911.jpg

このあたりでは男性も民族衣装を着ています。
P1030915.jpg


そして・・・
たまたまJICAチームに遭遇
P1030927.jpg

昼食の後、
ソロラ隊員よっしーの家にお邪魔して
民族衣装を試着しました

初めて着たけれど
残念なことに私には似合わなかった

なにが原因なんだろう???
私の身長?着こなし?衣装のサイズ?

でも、3人で記念撮影
P1030937.jpg



かわいいと思ったウィピルの数々
これは、アティトラン湖周囲の村(サン・フアンだったっけ?)のもの
P1030941.jpg

これはトトニカパン
P1030942.jpg

同期隊員との旅行? パナハッチェル

2011/2/15

セマナサンタのためのホテルを予約し
デポジットを払って
(ホテル代の50%だと言われたのに
実際に支払ったのはなぜか30%だけだった)
目的完了

今日の移動は
アンティグア⇒パナハッチェル

アンティグアは有名な観光地なので
観光客用の移動には困りません。
今日は外国人用のバンでパナハッチェルまで行きました。


・・・途中でストップ


私たちのバンの前
P1030892.jpg

後ろもずらーっと列が
P1030893.jpg


ストライキなんかで道路封鎖されるときは
前日までに情報が入るので分かるのですが
今日はいきなり

なんでー?!?!

さて、どうしてかと言うと
先週の土曜日に逮捕された泥棒たちが
警察に賄賂を渡して釈放されたとかで
それに怒った住民がその泥棒2人をとっ捕まえて
「今から燃やすと言って道路封鎖をしていたのです。
ここグアテマラでは、
泥棒や、強盗などに対して住民が怒ると
彼らに火をつけて殺したりします。
(なんて恐ろしい・・・

というのもここには法がありません。
悪いことをしても正当な裁きを受けないので
住民がその代わりの判決を下すのです。
(怖い・・・

翌日の新聞によると、
「住民が泥棒を燃やした」とは書いていませんでしたが
どうなったのかは不明。
あの、道路封鎖は3時間続いていたとか。
ちなみに私たちが足止めをくらったのは1時間半。

泥棒が捕まえられていた現場。
P1030896.jpg


予定より遅れましたが、
なんとか暗くなる前にパナハッチェルに到着。

いつも予想できないトラブルがあるこの国、グアテマラ

同期隊員との旅行? アンティグア

2011/2/14

日本文化紹介のあと、
同期隊員3人で国内旅行へ行ってきました。

まずはグアテマラ・シティ⇒アンティグア

3人でアンティグアの街を闊歩するのは久しぶりです
アンティグアへ行った目的は
4月のセマナサンタのための宿を予約すること

グアテマラのセマナサンタと言えば
アンティグアと言われるほど有名なので
ここにいる間に一度見たいと思っているのです
当然早めにホテルを予約しなければ
なくなってしまうので
今回はそのためにアンティグアに寄りました。


本日はバレンタインデー

ということで、
レストランの床にこんな素敵な演出が
(・・・コレにつられてこのレストランに入っちゃったかも
P1030886.jpg

私たちは三角関係・・・いえいえ、仲良しな三角関係です
P1030887.jpg

家の犬、ドゥケ

2011/1/10

そういえば、
年が明けてから家に帰ったら
家族が一匹増えていました。

シェパードのドゥケ。

家族は家を守ってもらうために
このドゥケを凶暴になるように育てたいとか・・・

いや・・・


アンヘラちゃんはドゥケが大好き
ドゥケもアンヘラちゃんが大好き
P1030705.jpg

ホセファ母さん
私にも「ドゥケと一緒に写真を撮りなよ?っ」て言ってくれたけど
私はまだそんなに友だちぢゃないし
噛まれたらまた狂犬病ワクチン接種することになるから
今日はカメラマンに徹しました。

アンティグアで年越し

2010/12/31

アンティグアでの年越し

やっぱりすごい人でした

夜になるとどこからか人がいっぱい出てきて、
レストランやバーも賑やか
確かここは、
夜の10時以降はレストラン・バーを閉めないといけないはずなんだけど
今日は特別

日付の変わる12時に合わせて
Parque Centralに行ったけど
時計はないし、カウントダウンもしないから
いつ12時になったのか分からなかった

ただ、花火とものすごい爆竹の音で
「あぁ、12時過ぎたな」とだけわかりました。
それにしてもあの花火と爆竹、
すごかった

去年の年越しで
家の屋上から打ち上げ花火を点火後に目の前で暴発したから
それ以来、
「絶対に花火の近くには寄らない」と心に決めた私。
花火を避けてたつもりなのに
いきなり隣で爆竹が鳴り出したり、花火が上がりだしたりするもんだから
もうビビリまくり

この日は2時過ぎてもアンティグアの街を
人が歩いていて
(気を付けるに越したことはないけれど)
久しぶりに楽しい夜を過ごした気分。

カメラをなくしたくなかったから
持ち歩くことができず
写真は撮れなかったけれど
思い出に残る年越しでした

また、モンテリコ!!

2010/12/30

実は、また大好きなモンテリコへ行ってしまった
3日前に行ったばかりなのに

3日前に「さようなら?」と別れの挨拶をした地元の人と会った時、
「なんでまたいるの?」って顔をされましたけど、
それもそうでしょう(笑)。

モンテリコから車で1時間弱のところにいたから、
ここを離れる前にぜひとももう一度行きたい!と思っていたのです。

行って大正解
今日の波も低くて、
しかも
ライフセーバーのマルビンが一緒に海に入ってくれて大満喫。


モンテリコのビーチ
P1030652.jpg

ときどき波の中に魚が見える
P1030631.jpg


モンテリコで遊んだあとは
年越しをアンティグアでするために、
そちらへ向かいました

フィッシング

2010/12/29

またまた太平洋側(プエルト・サン・ホセ辺り)に行って
今回は釣りをしてきました。


プエルト・サン・ホセ?プエルト・ケツァルのあたりは
セールフィッシュマーリンを釣る、スポーツフィッシングが有名らしい。

というわけで、
釣ってきました
P1030509.jpg


巨大ドラド
P1030533.jpg

セールフィッシュ
P1030594.jpg


私は乗り物酔いには強い方なんだけど、
今回は結構・・・うっとなった。
とにかく進行方向を向いていないと
気分悪くて

でも、クジライルカに出会ったり、
ウミガメも見て大満足。
P1030590.jpg

カメの甲羅の上には
鳥が休んでいたり、
カメは、近くを通ると(通らなくてもかもしれないけれど)
手を挙げて、
まるで手を振ってくれている様子を見せてくれ、
それがなんともかわいい


オフショアに出ると、
360度、見渡す限り海と空。
海の水も透き通っていて
魚が見えました。

後から聞いたら、そこでも泳げたとか。
「泳ぎたい」って
言えばよかったー


夜は釣った魚を食べて、
大満足の1日でした。

モンテリコ

2010/12/24-27

クリスマス・イブから
山ちゃんモンテリコへ行ってきました

首都からバスに乗って・・・
その途中に見たバスの中風景(?)
P1030387.jpg
綿菓子売りのお兄ちゃん。
綿菓子と一緒にバスに乗ってます。


さてモンテリコへ行く途中、
魚を食べにプエルト・サン・ホセに寄りました。

ここでしか食べれない、お刺身。
P1030390.jpg

このタラコ?サイコーにおいしかった
P1030391.jpg

ここは、レストランの外で
新鮮な魚を売っていて
それを買って調理してもらうという仕組み。

タラコは別に買おうと思っていなかたったんだけど
Q10(およそ100円)でいいからって言われて
ついでに買ったのが、大正解だった

2人で満腹になって
プエルト・サン・ホセモンテリコ


モンテリコ=ビーチ


もう、暑さがさいこーっ

毎日ビーチへ行って
海で泳いできました

ここのビーチは波が大きくて強いと有名。
今の時期は波が一番弱いと言われているものの
それでもときどきおっきな波がきて
流されました・・・

波が一番荒いときには
高さが4?5mにもなるとかっ
そうなるともう海には入れないみたいですけど。

私が海に行くときには、
モンテリコが任地のたがっち
友だちのライフセーバーに連絡して
いっつも一緒に海へ行ってもらっていました。

ライフセーバーのマルビンが一緒だと
安心感が全然違うっ
一緒だと、流されないし


ウミガメの放流や
マングローブツアーにも行ってきました。

採りたてのココナッツも飲んで
4日間、大満喫っ


これも、たがっち
4日間ずーっと私たちのお世話をしてくれたおかげで
もう、大感謝っ

モンテリコ、さいこーっっっ

P1030397.jpg

サンティアゴ・アティトラン

2010/11/29

初めてサンティアゴ・アティトランへ行ってみました。

ここはアティトラン湖周囲にある
マヤ系先住民の湖畔の村のひとつ。

湖の周りには
このような村がいくつもあり
皆それぞれ、異なる民族衣装があります。


サンティアゴ・アティトランは
紫色の地に鳥の刺繍や、
その他の動物、マヤ柄の刺繍が特徴的。
P1020957.jpg
は男性のズボンの膝?裾にかけて施された刺繍ですが
女性の民族衣装にも同じような刺繍のあるものをよく見かけます。

私は(自分で着るためではなく)飾り用のウィピルを2着購入。
1着は鳥の刺繍のもので、
もう1着はサンルーカスというところのカラフルな刺繍のウィピル。

このウィピル、
ピンからキリまでありますが
手の込んだ刺繍のあるものは
Q1000?Q2000(1?2万円)します。
もちろんそのような高級品は
特別なお出掛け用。


村の市場近くの様子。
P1020944.jpg

P1020945.jpg

ここの女性はほとんど全員民族衣装を着用しています。
P1020947.jpg

買い物途中なのか、木陰で休憩中の女性たち。
P1020934.jpg

ここではアボカドが有名なのでしょうか。
大量のアボカドが出荷されていました。
P1020936.jpg

市場では湖でとれた魚が売られています。
P1020950.jpg


パナハッチェルからここにランチャで着いたとき
おじいちゃんが
「ガイド!ガイド!1人Q10(およそ100円)で村を案内してあげる」
と言ってきました。
私たちは地図を持っていなかったので
それじゃあ、とガイドを頼んだけれど・・・
ここは迷うほど大きな村ではなかった
適当に歩いても見たいものはぜーんぶ見ることができるでしょう


そしてこの村からサン・ペドロという別の村へ行くために
ランチャ(ボート)に乗ろうとしたら
若い男の子が通常料金の倍の乗船料を言ってきたのです。
だから私は
「船長が来てから料金を払う」と言ったら、
少ししてからその子が
「この人が今日の船長だ」って
どうみても彼の友だち・・・しかも船長には若すぎる子を連れて来て
そんなことを言うの

もうバカにするのもいいかげんにして
私はキレキレ
完全無視。

アティトラン湖には多くの外国人観光客が来るから
ここの人たちは観光客慣れしていて
お金を稼ぐために、こんなふうに嘘をつく。

必要なときにはきちんとお金を払いますし
グアテマラにお金を落すことも私たちの役目です。
でも、こんなふうに嘘をつかれるのは許せない



チチカステナンゴ

2010/11/28

日曜日はチチカステナンゴの市場の日。

ここは民族衣装や、お土産用の布製品などがたくさん売られていて
お土産さがしに事欠かないのと
見るだけでもおもしろい

市場の雰囲気。
P1020864.jpg


今回、気に行ったお店を発見

アンティークの布製品を扱っているお店で、
他のお店ではなかなか見当たらないユニークな製品が多くありました。
P1020875.jpg

どうやって刺繍をしているのか、
この布の裏地には糸がひとつもありません。
P1020877.jpg

日本へ帰る前に
もう一回ここにお土産を買いに来ようっと。

パナハッチェル

2010/11/27

今週末はパナハッチェルに来ました。

グアテマラ一有名な湖、アティトラン湖にある町です。


ホテルからの素晴らしい眺め。
P1020844.jpg

湖周囲への村の移動は基本的にランチャと言われるボートでします。
P1020849.jpg

夕日に照らされた火山。
P1020885.jpg


P1020881.jpg


ホテルにいて景色を見るだけでも楽しいパナハッチェル。

実は現在この湖は
生活排水などによる汚染が深刻な状態。

この素晴らしい自然を守っていかなければならないのですが、
グアテマラ人は平気で川や湖、海にゴミを捨てるからなぁ・・・

アンティグアにて

2010/11/24

朝起きたら、
お腹が痛い・・・

原因は不明。

今日はアンティグアで
同期隊員のちーちゃん
今グアテマラを旅行中の彼女の家族に会う約束をしていて、
早めにアンティグアへ行こうと思っていたのに
腹痛のため断念

まぁ、でもお昼頃にはましになったから
バスに乗ってアンティグアへ


約束の場所は
私たちのお気に入りレストラン、SABE RICO

ここはオーガニックカフェのような料理を出してくれるところで、
味は自然で、野菜は新鮮で本当においしくて
何回来ても飽きません

雰囲気も広々としたガーデンのなかに
イスとテーブルがあり、とってもすてきなのです

アンティグアには
このような洒落たレストランがいくつかありますが
私は断然、SABE RICOが好き

P1020835.jpg


お腹はまだ痛いけど・・・回復中。

ティカル

2010/11/23

朝、5時にホテルを出発して
ティカルへ行ってきました

ガイド付きのツアーは
朝の4時半か、5時しかないので
必然的に早起きをしなければなりません

でも、ガイド付きのツアーの方が絶対におもしろいので
私はこっちの方をオススメ

マイクロバスに揺られること1時間ちょい、
ティカルに到着

ここに来る観光客はアメリカ人が多く、
やっぱり英語のツアーが人気。
というか、英語のツアーに参加する人が断然多いのです。
そのなかで
スペイン語のツアーはときとしてガイドさんを独占できるっ

今日のスペイン語ツアーは
私たちだけだったから
プライベートツアーのようでした


私は、ティカルは2回目だけれど
今回の新たに知ったことは・・・

この有名な?号神殿の中央の階段
P1020749.jpg

アップで見ると・・・
P1020755.jpg
少し見えにくいのですが
真ん中に段差の低い階段があり
その周囲は段差の高い階段に覆われています。

この意味。

段差の低い階段は
この神殿を作った職人のための階段(神殿製作用)で
段差の高い階段は王のための階段なんだとか。
そして職人のための階段は
神殿ができあがるときに、
その上から王様のための階段を作っていたために見えなくなっていたらしい。

これは、よく見ると
どの神殿でもほとんどこのように作られています。



最も急な?号神殿へ上がるための階段。
IMG_0485.jpg

そこからの眺め一面に森が広がっています。
P1020805.jpg


今回のティカルもサイコーでした
グアテマラにいる間にまた行きたいな?

ヤシャ遺跡

2010/11/22

前回、3月にティカルへ行った際
地元の人々に「是非行ってみて!」と言われたのが
ヤシャ遺跡

次にティカルへ行くときには
ヤシャ遺跡にも行こう!と思っていたので
今回、行ってきました。

ヤシャ遺跡の特徴はなんといっても
周囲の湖
P1020663.jpg

この写真を撮ったときに立った場所から
真下を見ると・・・
P1020670.jpg
この高さ、伝わるかしら?

昔は森がなく、ここからティカルも見えていたとか。


別のピラミッドから見た景色。
P1020716.jpg

もちろん
ここにはティカルにあるようなピラミッドも存在します。
P1020656.jpg

ティカルとこのヤシャは
その昔、王族間の婚姻で関係があったようです。

今日のガイドは、
ツアーを申し込んだ会社のおっちゃんでした。
ちなみに往復の運転も彼。
そうそう、ここは交通の便の悪いところなので
来るとしたら車しかないです。

ここはまだ十分に観光地化されていないのと、
交通の便が悪いという理由で
ほとんど観光客はいません。
私たちが行ったときも
すれ違ったのは、たったの1組

というわけで
とても落ち着いた雰囲気。

さて、ツアー会社のカウンター担当のおっちゃんに
初めは心配しましたが、
実はとっても物知りで
大満足のツアーでした。

リビングストン→フローレス

2010/11/21

本日は朝から雨。

しかし、今日の移動はボート

これが思っていた以上に大変でした

リビングストンで泊まったホテルは海に面しており、
そこにボートが着き
楽に乗ることができました。
そのときは降ったりやんだりの小雨だったのに
ボートに乗ってから
本格的に降りだして、
私たちはボートに設置されていたビニールで全身をガード
顔を出したら
雨粒が当たって痛いのなんのって・・・

このボートツアー、
リビングストンリオ・ドゥルセ間で
いろんな見所スポットがあって
確か前回は何カ所か止まったり、
ボートから降りて散策したりしたはずなのに
今日はそんなことは一切せず
ただ、目的地を目指しました
正直言って、今日のボートツアーは辛かった


雨の中で魚を取っているのでしょうか。
現地の人は、慣れたものです。
P1020633.jpg


1時間半ほどの辛い移動を終えて、
リオドゥルセからフローレス

途中、雨が降ることもありましたが
フローレスに着くころには、やみました。
4時頃着いて
そのあとは
ゆったり、のんびり。

夜、家族がグアテマラに来ている同期隊員にばったり遭遇
いやぁ、グアテマラは狭いっ


おまけ
リビングストンで見た、救急ボート。
その名も、AMBULANCHA
救急のAMBULANCIAとボートという意味のLANCHAを掛けた造語。
P1020627.jpg


グアテマラ・シティ→リビングストン

2010/11/20


日本から知り合いがはるばるグアテマラまで来訪。

・・・ということで

グアテマラを案内しながら旅行をしてきました。


まずは、
グアテマラシティ→長距離バス(Litegua)で、プエルトバリオスへ。
7時半に出て、到着したのが1時頃だったので
5?6時間のバスの旅。

そこで、お昼ごはん。
Tortilla de Harinaを食べました。
これは、
大きなナンのような生地の上に
お肉や野菜、豆などがのったもので
この地域特有の食べ物。


昼食後は
ボートでリビングストンへ向かいました。


リビングストンに到着
リビングストンのボート乗り場の雰囲気
P1020620.jpg
ここで待っているおじちゃんやお兄ちゃんが
荷物を持ってホテルを案内してくれますが
もちろんチップが必要。

リビングストンはガリフナと呼ばれる黒人の人々が住んでいて
グアテマラの西とも東ともまた文化が異なります。
そこはグアテマラとは思えない雰囲気。

ここで有名なのが
タパード
これは、ココナッツミルク味の魚介のスープ。
とにかく魚介類がおいしい
P1020616.jpg
写真の下がタパードで
上が巨大ロブスター。

どちらもおいしかった?

プエルト・サン・ホセ

2010/11/7

公務の間の日曜日。
首都にいたボランティア仲間と
プエルト・サン・ホセという太平洋側のビーチエリアへ行ってきました。

首都のトランス・メトロという半バス・半電車のような乗り物の終点が
バスターミナルに繋がっていて
そこでプエルト・サン・ホセ行きのバスに乗ればOK.
エスクイントラという都市を通って、目的地に着きます。
途中から・・・暑い暑い
もちろんプエルト・サン・ホセも暑い

私たちの目的は
ビーチよりも、お刺身
そう、ここでは海で獲れたてのお魚をお刺身にしてくれるというレストランがあることを
先輩ボランティアが知っていて
私たちはやってきたのです

魚選びから真剣。
P1020534.jpg


魚売り場のお兄ちゃんたち。
P1020538.jpg


P1020537.jpg


そして今日のランチは魚づくし。
念願のお刺身を食べて、
新鮮なエビを食べて、
焼き魚が最高においしかった?
P1020547.jpg


その後、ビーチへ。
P1020563.jpg
やっぱりビーチへ行ったら
海に入りたくなったけど・・・
今回の目的はお刺身だけでしたので
水着など持っておらず。
持って行けばよかったな、とちょっと後悔。

それでも
大満足の1日でした

エンリケ・父の誕生日

2010/7/18


先週の13日はエンリケ・父の誕生日でした。
当日は平日だったので
お誕生日のお祝いは日曜ににすることに。

お昼は
カタリーナちゃんがフェトチーネ・アルフレッド
(フェトチーネのクリームパスタ)をつくってくれ、
私はサラダ担当。

とーってもおいしかったですし
エンリケ・父をはじめ家族全員が喜んでくれたことが
私たちは本当にうれしかったです

アティトラン湖

2010/7/2


アンティグアアティトラン湖 へ。


アティトラン・ホテル
パナハッチェルの繁華街から少し離れているため
落ち着いて過ごせてGOOD

ホテルのレストランからの眺め
P1010375.jpg


ホテルパナハッチェルまで徒歩20?25分、
トゥクトゥクで5分?10分程度(1人 Q10)。


アティトラン湖周辺には
このようにところどころ村があります。
P1010383.jpg
サンタ・カタリーナ・パロポ


サンタ・カタリーナ・パロポでは
女性が座って織物をしている光景を見ました。

女性は昼休み中。
P1010392.jpg


ギャラリーなんだけど・・・建設中?
P1010386.jpg


次に行った
サン・アントニオ・パロポの民族衣装。
P1010410.jpg

このようにほとんどの女性は髪を結っていました。
P1010414.jpg

今回は、ボートで村を訪ねましたが
ピックアップトラックでも行けるようです(安い!)。
ただ、アティトラン湖へ行ったら
ボートに乗るのも楽しい

あとひとつ気づいたことが
このあたりは民芸品が安い
チチカステナンゴより
かなりお値打ちに感じました。
もちろん交渉して、ですが。


次にアティトラン湖へ行ったら
サン・マルコス方面の
ヒッピータウン()へも行ってみたいな?

アンティグア

2010/6/30


本日グアテマラは軍隊の日でお休み。

久々に首都アンティグアへ行きました。

今回は贅沢してホテル
CASA SANTO DOMINGO に泊まり。

ここは雰囲気、環境、サービス、レストラン・・・
すべて文句なしで最高っ
グアテマラに来たら泊まる価値大ありですっ
もちろんボランティアの身分としては贅沢過ぎますが・・・
たまには、ね。

P1010335.jpg




ケツァール

2010/5/19


中米にはケツァルという鳥がいます。

この鳥の羽が大変美しいので
その昔はいろいろな装飾に使われたそう。

グアテマラにもケツァルはいるのですが
数が減ってしまったせいで
なかなか見ることができません。

コバン近くの
ビオトポ・デ・ケツァルというところで
よく見られるということで
そこに行ってみました。

1泊して
ケツァルを見るために
今朝5時半起床。


こんな雰囲気のところで待つこと20?30分。
P1010025.jpg


やってきました、ケツァル
P1010031.jpg

オスの尾は長く
それはそれは優雅に飛びます。
P1010055.jpg
神秘的な鳥


宿は、地球の歩き方にも載っている
ケツァルが見れる!というところに泊まりました。
そこの宿帳を見ると、
2日待っても、ケツァルを見れなかったという人もいて
私たちはラッキーだったということが分かりました

いやぁ・・・よかった


セムクチャンペイ

2010/5/17


ハーフマラソン大会のあったコバン
周囲に自然公園などがある観光地でもあります。

なかでも有名なセムクチャンペイ
バスで2?3時間揺られて行ってきました。

途中、昨日の雨で山道が悪路となり
マイクロバスから四駆に乗り換え。
P1000951.jpg


セムクチャンペイは想像していた以上に
すばらしい自然が広がっていました

P1000953.jpg

P1000960.jpg

P1000970.jpg


ここで有名な、石灰棚。
P1000973.jpg
これを見るためには山道を登らなければなりませんが
見る価値あり
まさにこのように見ることができます!!!


次に行った、洞窟の前。
水の色がきれい
P1000989.jpg


そして、洞窟前で記念撮影。
P1010007.jpg

自然を満喫できた
すばらしい旅でしたが、
ガイド付きのツアーで行ったので
あまり時間にゆとりがなく
水に入ることができなかったのが残念
バスの往復だけのほうが
ゆったり過ごせるかもなぁと思いました。



それにしても
グアテマラ人の頑固さに閉口の日でした。

というのも
グアテマラの国の施設の入場料は
グアテマラ人価格と外国人価格があります。
私たちボランティアは
グアテマラ人の入場料で入れるのですが
それを知らない入場料徴収するおじさんとガイド。
私たちが主張しても決して「はい」と言わない。
長時間の押し問答。
もう諦めようかと言っていたところ
ようやく返金してくれました。

が・・・
「これは私たちのせいじゃないからね」
と念押し。
決して自分側の非を認めようとしないグアテマラ人。
なかなか難しいですな

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。