スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元旦、アンティグア

2011/1/1

今日は
フラフラとアンティグアの街で過ごしました。
お土産物屋さんを回ったり、
カフェに立ち寄ったり

「元旦」でも(だから)人が多いので
半分以上のお店が開いていました。

アンティグアを去る前に
お気に入りのレストランsabe ricoへ行こうと思ったら
ここはお休みでした。
代わりにメルセー教会の前にある
小さなレストランに入ったら
これが大正解!!!
おいしかった?
レストランは、Hector Castro
また行きたいな?ここ

次にアンティグアに来るのは
4月のセマナ・サンタかな。
スポンサーサイト

なんという偶然!

10月16日 (金)

先週まで一緒のホームステイ先の家にいた
アメリカ人のおばさま方、スサーナパティーからメールがきて
エルサルバドル派遣中の私の友人JICA隊員と
たまたまレストランで知り合ったとメールがきました
その後、エルサルバドル隊員のルっちゃんからも
「スサーナとパティーに会ったよとメールが。

なという偶然でしょう
こんなことがあるなんて、
世界は広いようで狭いなぁ・・・と実感。



今日は私の語学の先生エドナがイチゴジャムを作って持ってきてくれました。
エドナはお料理上手。
とてもおいしかったです♪
IMG_5414.jpg


小学校訪問

10月15日 (木)

社会体験課外授業をしようということで
小学校へ行ってきました。
年齢は主に6歳?7歳、一番年長さんが12歳。
おそらく家庭の事情などで
いろいろな年の子どもが同じクラスにいるのだと思います。

まずは、学校へ行くために初めてバスに乗りました。

バスの中の様子 (かなり揺れます)。
IMG_5390.jpg



教室に着くと
みんな元気がよくって
まずはみんな駆け寄ってきて
ハグして、こんにちは!の大歓迎。
それが落ち着いてから
一応、こんなふうに授業。
IMG_5391.jpg



私は看護師として
「ごはんの前には手を洗おうね」
「トイレのあとにも手を洗おうね」

といった内容を講義(?)すると
「爪も切らないといけないよね!」と素晴らしい答えが



そのあとみんなで折り紙で
コップを作りました。
これが大人気でした



3時のおやつの時間には
なんと大きなサンドイッチ2つ
というのも貧しい家の子どもは十分な食事が摂れないので
その分を学校で補うようです。
IMG_5396.jpg



さっき、食事の前には手を洗おうと言っていたけれど
教室を出てからサンドイッチをゲットするまでのあの速さからして
手は洗ってなかったと思うな・・・。

しかも、みんな直接サンドイッチを机の上に置いてるし・・・。
IMG_5406.jpg


私も撮って私も撮っての大合唱。
IMG_5397.jpg



みんな本当に元気で
かわいかったな?
IMG_5393.jpg




さようならの前に、ある女の子がこんなにかわいい絵をくれました
IMG_5411.jpg



みんな、ありがとう

マカダミアナッツ

10月13日 (火)


午後の授業で、マカダミアナッツ農家見学へ行きました。
学校から車で15分ほどのところにあります。


グアテマラのマカダミアナッツは
オーストラリアカリフォルニアそしてグアテマラに辿り着いたらしいです。


私たちが見学したマカダミアナッツ農家は
すべてオーガニックで育てているらしいです。


素人目には、ただの木にしか見えなかったけれど
敷地内すべてがマカダミアナッツの木
IMG_5359.jpg



ナッツが自然に落ちるのを待って
落ちているものを拾って加工するそうです。


マカダミアナッツの実
IMG_5363.jpg


そこらじゅうにマカダミアナッツが落ちていて取り放題(だと思う)。
割ることができたら(くるみのような硬い殻のなかに実があります)
食べ放題(だと思う)。
取っても、食べても文句を言われなかったし。

生マカダミアは初めて食べたけど・・・
ちょっと塩味が利いているほうがおいしいかも



大きさの仕分け作業中
IMG_5365.jpg


このように乾燥させるそうです
IMG_5366.jpg
マカダミアナッツだらけ?


初めて見たマカダミアナッツの木とその殻。
オーガニック農法なだけあって
木々が自然で素敵なところでした。
また行きたいと思うんだけど
農家の名前も分からなければ
もちろん行き方も不明。
誰かに聞いてみようっと。

コーヒー博物館見学

10月6日 (火)

今日はスサーナの誕生日。
いろんな人へのお土産と思って持ってきた「お箸」をあげたら
とっても喜んでくれました♪

午後の授業では
ここアンティグアから車で10分ほどのところにあるホコテナンゴ
La Azotea というコーヒー博物館と音楽博物館へ行きました。
どちらも係りの人が丁寧に説明してくれたので
グアテマラのコーヒーのこと、
先住民の伝統楽器や民族衣装について、とてもよく分かりました。
私の任地はケツァルテナンゴで
先住民が多く住んでいる場所なので
想像がふくらみました。
先住民の文化はとてもユニークで興味深い半面
人々は保守的だと聞いているので
彼らを尊重する意味で気をつけねばならないことも多いでしょう。

コーヒー博物館ではコーヒーの試飲ができます。
(もちろんおいしい
IMG_5294.jpg



音楽博物館のお土産物屋さんで見つけてしまった(音楽とは関係のない)もの観光客用なので。
? ジャガーに食われている頭 ・・・ 帽子?
IMG_5299.jpg


? 陽気な置物たち
IMG_5301.jpg


そうそう、
スサーナとパティも私たちと一緒に博物館へ行きました

アンティグアの語学学校

10月1日 (木)

8時 語学学校の授業開始。
家から歩いて10分?15分、
ボランチア3人ともが近くに住んでいるので学校まで一緒に行きます。
それにしても、街のつくりのせいで(言い訳かもしれなけど)迷いやすいから
なかなか道が覚えられない!!!
他の2人が頼りです(笑)。

街の様子。こんな感じの通りが続いています。目印がほとんどありません。
IMG_5193.jpg

今日は授業中、校長先生が回ってきました。
私たちに「授業はどう?満足してる?」と尋ねてくれていました。
そのとき私たち(先生と私)の使っている本(コピー)に目を留めました。
校長:「これは私のオフィスにオリジナルがあるな。」
先生:「ある生徒が私に貸してくれたからコピーしたの。」
校長が去ったあと、先生は
「今の、うそ。この本は校長のをコピーしたのよー。へへへへへ」って。
グアテマラです、グアテマラ。

もうひとつありました。
あ、ここからは18歳未満禁止です(笑)。
今日は先住民文化について勉強したのですが
チチカステナンゴの先住民は、男の人たちが高い木に登る儀式があるそうです。
それには大変な体力を必要とするから
男女の交わりを40日間断たなければならないと。
すかさず先生が
私、無理?って。え???今、授業中なんですけど・・・。
グアテマラです、グアテマラ。

午後は、わたくしたちボランチア3人と他のクラスのメンバーも一緒に
Cerro de la cruz という丘に登りました。
アンティグアの街一面が見渡せるところです。
IMG_5197.jpg
ちなみに、ここも盗賊が出没するため、警察官とともに登らなければなりません。

アンティグア 語学訓練開始!

9月30日 (水)

早速、語学学校が始まりました。
午前中はマンツーマンで
午後はグループで行う授業です。

今日は、午前中は会話とテストで終わりました。
午後から授業はなく、JICAの諸手続きで終了!

空いた時間は
アンティグアで一番大きいというスーパー
bodegona」(巨大食料品店という意味)へ行きました。
まだ、通貨ケツァルの価値(1ドル=8ケツァル)がよく分かっていないので
物価が分かりませんが思っていたほど安くないようです。
例えば、今日買ったシャンプーとコンディショナーは
日本で買うより高かったぐらいでした。

それにしても道端にイヌが多い・・・って本当は嬉しいはずなのに、
だって怖いイヌが多いんだもん。
中型?大型犬が群れをなしてウロウロして、
ときどき牙剥いてうなってるし。
こりゃ咬まれたら冗談じゃないわっ!
アンティグアでこれだけ危ないイヌがいたら
地方都市行ったら・・・考えただけでも恐ろしい!
グアテマラ来るときには
狂犬病予防接種、必須です!!


出発直前に撮ったビスの写真。
(ビスっちがこっちに来たら・・・苦笑)
IMG_5136.jpg

到着

9月29日 (火)

中米組は9時前後のフライトだったので
みんなとは空港でお別れ。

私たちは
 9:35 ヒューストン発 グアテマラシティ行きのフライトに乗り
12:00 予定より若干早くグアテマラシティに到着 


空港に着いてまず驚いたことは
電気がない!
屋根を半透明にして採光しています。

トイレも一部しか電灯がなく暗かったです。
素晴らしいエコ!
夜はこの空港、使わないんだろうなぁ。

そしてさすがJICA!
入国審査前にボランティア調整員が待機していてくれて
すべて助けてもらいました。
アメリカと比較すると何もなかった入国審査を終えて
ボランティア調整員とともに裏の出口から出て
ラクラクでした。
いやぁ、こんな特別扱いは初めてです

首都は危険なので、空港から直接語学訓練場所となる
アンティグアに向かいました。
語学学校に着いて、
調整員の方に簡単な説明と注意点、必要物品(アラーム・懐中電灯・携帯)を支給してもらい
語学学校の校長先生に学校の説明をしてもらいました。
その後、1人ずつホームステイ先に車で送ってもらいました。


私のホームステイ先 私の部屋
IMG_5179.jpg

部屋のなか (やはり暗い。電灯をつけても暗い
IMG_5177.jpg
06 | 2017/03 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。