スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフランシスコ (グアテマラ)

11月25日 (水)

職場に許可を得て、
と言っても現在カウンターパートのロヘリアがいないから許可というより宣言して
アンヘリーナが働くサンフランシスコというところへ行ってきました。

アンヘリーナは看護師さんで、
Centro de Saludという、
私が働くPuesto de Salud (診療所)より大きな規模の
保健所兼病院のような施設で働いています。
今日はワクチン接種のために家々を回ると言うので
それを見せてもらうために一緒に行きました。

サンフランシスコのCentro de Salud
IMG_6053.jpg



住所のメモはなく、
子どもと両親の名前とワクチン接種状況が記されたノートだけ持参して回りました。
だいたい誰がどこに住んでいるのか住民は知っているので
住所は必要ないようです。驚き!
田舎に行けば行くほど、
誰がどこに住んでいるのか、何をしているのか
み?んなが知っています。
おぉ恐ろしや


子どものワクチン接種については、
発熱や、注射を打ったところが赤くなったりという副反応が怖くて
まだ拒否する親がいるようです。
グアテマラでは、ワクチン接種を推進しているだけに
日本のような副反応のリスクの説明はしません。
ただ、熱が出る可能性が高いからと言って
一緒にアセトアミノフェンを渡すだけです。
接種に関する同意書なども全くなしです。

ワクチン接種の記録は
1人1人にカードが渡され、ワクチンの接種記録と体重などがそれに記されます。
診療所に来る住民や、今日回った家々では
「ワクチン接種カードを見せて」というとすぐ出してくれるので
私がこれまでみてきたところでは
どの家族も大切に保存している様子。


私が住んでいるシェカム村でも、
ワクチン接種に来ない親がまだ多くいます。
今後、私たちも出掛けないといけないな?
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。