スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニエリータの誕生日

12月5日 (土)

プエストで一緒に働いているグラディスの娘ちゃんダニエリータ7歳の誕生日会に行ってきました。
こちらの誕生日会に招待されるのは初めてで
どんなものなのか、かなり楽しみにしていました。

招待カードには、「3時から始まります」と書いてあったので
一緒に招待されたエヴェリンに
「2時半に待ち合わせて、グラディスのお家に行こう」と言うと
「いや、それは早すぎる。3時に待ち合わせよう」とのお返事。
そして、待ち合わせ場所からグラディスの家に向かったのは、3時30分。
グラディスの家に着いたのが4時ちょっと前。

エヴェリンが言っていた通り、お誕生日会が始まる気配はまだなし。

待つこと20?30分、4時を過ぎてから
おじいちゃん(グラディスのお父さん)の司会でお誕生日会は始まりました。

そして、期待通りかなりユニークな誕生日会でした

10畳ぐらいのお部屋に、集会場のように椅子がずらりと並べられ
前でおじいちゃんが聖書片手にしゃべります
もちろん、途中に聖書の一節を読んだり、それについてコメントしたりしておりましたが
内容はよく覚えていません。。。

そのあと、
「歌いましょうと言って
民謡調の手拍子に合わせてみんなで歌っていました。
誕生日のための歌なんだろうけれど
なにかこう若々しさに欠けているように感じたのは
おじいちゃんが拍子を取っていたせいだろうか。

歌のあとはお祈り。
目を閉じて、みんながそれぞれ大声で
「神様ありがとう」の大合唱。
エバンヘリコのお祈りは、カトリックのお祈りとかなり異なります。
私には新興宗教のお祈りのように感じられ
正直言ってこれだけは受け入れ難い・・・。

これらの儀式が済んだら
ケーキが運ばれてきました

ケーキを前に嬉しそうなダニエリータ
IMG_6205.jpg

グアテマラでは、ろうそくの火をフーっと消したあと
ケーキをそのままかぶりつく習慣があり、
かぶりついた瞬間に
周りの人がケーキに顔を押し付けるという恐ろしいことが起こります。
しかし、今日の主役はかわいいダニエリータ はなし。


グアテマラの誕生日にかかせない食事といえば
パチェス
IMG_6207.jpg

お餅状のお米にお肉が入っています。
マシャンという葉に包まれており、とても良い香りがしておいしいです。
が、なぜか一緒に食べるのは食パン。
炭水化物+炭水化物・・・


みんなで一緒にパチェスを食べています
IMG_6209.jpg


その後、ケーキも出され
食べ終わったらもう帰る時間になりました。



帰るときに渡されたのが
ソルプレサ(びっくり袋?)
中には、キャンディーやガム、落花生、ブドウが入っていました。
IMG_6214.jpg
お誕生日会のときには必ずこのようなお菓子が配られるよう。

最後に、
エヴェリン、ダニエリータと彼女の妹と。
IMG_6211.jpg

初めてのお誕生日会、
日本と全く違っていました!
まさに異文化体験

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。