スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常と非日常、常識と非常識

2010/1/5

昨日からいつも通りの診療所での仕事が始まりました。
私の日常。

しかし国が違えば文化も違うここで
何を日常と言って、何を非日常と言うのか・・・
どれが常識で、どれが非常識なのだろう?


?最近の悩み事
今一緒に住んでいる家族はアメリカから帰ってきたばかりで
私とお隣のカタリーナちゃんが先にこの家に住み始めました。
家のつくりは、
同じ敷地内に
大家さんとは別の階段で私たちの部屋に行けるようになっています。
しかもそれぞれシャワーとトイレ付き。
そう、賃貸用につくられた部屋なのです。

それなのに・・・
大家さんは
階下で刺繍工場を始めるというではないですか?!

お兄さんがその刺繍工場を既にしていて
見学したことがあるのですが
はっきり言って、うるさい

そりゃそうです、
ミシンが10台ぐらい付いた大きな機械
刺繍に専念しているのですから

しかも24時間稼働するつもりらしい・・・

ちなみにミシン10台の機械が置かれているのは
私の部屋の真下
機械はもう既に来ています。

あとは稼働を待つのみ・・・

だいたい賃貸用の部屋をつくっておいて
なんでわざわざ工場なわけ?!?!
と私は思うのですが
ここはグアテマラ。

私の常識は
グアテマラ人の非常識なのかも???



?日常のさもない出来事
一緒に住んでいる家族に、生後6カ月のベビーちゃんがいます。
家族だけでなく、親戚みんなでかわいがって
交代でお世話をしています。

日本は、ベビーちゃんの子育ては
ママの負担になりがちだから
親戚みんなでお世話するっていいなと思います。

今日もおばさんがお世話をして、
ベビーちゃんと一緒にお出掛けする準備をしていました。

哺乳瓶を持って、
紙おむつを用意して・・・

そこまでは普通だったのに

温かいミルクを入れた哺乳瓶を
紙おむつでくるむではないですか

「こうすると冷めないのよ。知ってた?」って・・・
おばさん、得意気に言ってました。

分かりますよ、冷めないのは十分理解できます。
でもなんでわざわざ紙おむつなわけ
タオルでいいじゃない。。。


?グアテマラ薬事情
ラテンアメリカは
どこの国でも何に対しても抗生剤を使いたがると聞いたことがあります。

確かに、
何かあるとすぐ抗生剤を処方しているのをよく見ますが・・・

私の隣の家(食事をしている家)は
薬局をしています。

お母さんは看護師さんです。

先日、甥っ子が扉で眼を打って腫れたというときにも
薬局の抗生剤を渡していました。

打撲にまで抗生剤とはっ
傷もなく、感染兆候もなかったのに。

家族とは確かに仲が良いのですが
長年看護師をしてきたお母さんにはプライドがあります。

(抗生剤と分かって)何気なく
「何の薬?」とは聞いてみたものの
「甥っ子に渡す薬」と答えられたら
それ以上、何も言えませんでした。

ただ、眼を打って腫れていたのに病院に行っていなかったので
「眼は診てもらったほうがいいよ」とだけ言いました。


隣の家の薬局は、
特に薬剤師さんがいるわけではなく
ときに何も知らないお父さんが
独りでお留守番をしているときに
薬を買いに来る人もいます。

先日
「頭が痛い」と訴えて来た人に
お父さんは
「これが効くよ」
下痢の薬を出したとか・・・

そりゃ、お店の人に効果があると言われたら
誰が疑うのでしょう。

頭痛患者さんのその後は知りませんが、
グアテマラのなんとも怖い薬事情でした。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

あけましておめでとう

ことよろです。
階下にTallerが来たのですね。お気の毒です。

ガテの人、喧騒が基本的に大して気にならないという人が多いような気がします。爆竹、カミオネタのランチェーラ、エバンヘリコの教会、アウロラ空港は市内すぐ横!等々、日本だったら絶対苦情殺到だろが!ということ沢山ありますよね。

慣れるのが困難そうであれば調整員に相談して引越を検討してはどうでしょうか。先が長いので、リラックスできる環境がないと消耗が心配されるから。

No title

それわかる!抗生剤と、パラセタモール信仰強いよね。
しかも、ボリビア、大人でも筋注だよ。
意味不明・・・・飲み薬でいいじゃんって感じ・・・・


活動、どう?
あたしは語学で苦労してます・・・


09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。