スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低体重児用食糧ピンチ?!?!

2010/9/7


昨日から早速低体重児のデータを取って
食料援助が必要な住民に行き渡るよう手配していたら
金曜日の食糧援助組織関係の人たちが
診療所にやってきました。
何のためかといったら
「あの、あげた援助食糧を返してほしい」
だって??!?!

もう子どもの世界。

なんで今さら?

必要だったのならばなぜ私にくれると言ったの?


初めのうちは大人の対応をしていましたヨ。
でも段々我慢できなくなって
「じゃあなんでくれるなんて言ったのよ?」
「いまさらそんなこと言われても、
こうして住民に説明している以上返せないから」

と、ぶちっ

私の怒り方が普通でないと思ったのか
使節団は事務所に電話。
その結果、
名前リストを埋めたらOKとの返事が。

というのも、この援助物資は
アガサで被害を受けた人々のためのもので、
取りに来なかった人がいて
余った分を私に譲渡されました。
事務所としては余りを返すわけにもいかず、
かといって名前リストがないのも問題となる。

そこで、
私が食料を配布する人たちに
代わりに名前を書いてもらってくれということで落ち着きました。

それにしてもひどい。
こんな話は聞いたことがない。
もう、計画性まーったくないし
いいかげんもいいところ。

こんな状況を見ていたら
海外からの援助って
たぶん半分が意図した通りに使われていたらいいのかもって思っちゃった。

援助する場合は、
援助する側が責任を持って見届けて
絶対に援助受け入れ国だけの人に任せてはいけません!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。