スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン・クリストーバル・デ・トトニカパン

2010/10/16


グアテマラの西部は民族色が濃いです。
ほとんどの女性はウィピル(ブラウス)とコルテ(スカート)という
民族衣装を着ています。

今日は、トトニカパン県のサン・クリストーバルというところへ
マヤのお祭りに行ってきました。


女性と男性の民族衣装。
P1020237.jpg

マヤの踊りのための衣装。
P1020254.jpg

民族衣装を着て大きな髪飾りを付けた子ども。
P1020252.jpg


P1020277.jpg

これもケツァルテナンゴ県内の民族衣装です。
P1020315.jpg

右の女の子の民族衣装はこの地域のものだそう。
P1020244.jpg

髪型と飾りにも注目
P1020264.jpg

ステキな髪型
P1020307.jpg

マヤのお祭りというだけあって
いろんな民族衣装と音楽、踊りが見れました。
これぞ、グアテマラの醍醐味
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

トトのウイピル

トトは紫基調、時にシェラやコンセプションに似て黄色が混じる、ウイピルばかりかと思っていましたが、華やかな赤基調のところもあるんですね。

男性服は随分減ったみたいですが、ここのはシンプルだけどかっこいい。もっと男性服を集めておけばよかったと、とても後悔してます。特にサンマルティンサカテペケスやスニル、ナワラの男性ウイピルは素晴らしいものがありましたので、駆り立てられますね。

Re: トトのウイピル

>kenさん

ナワラの男性のウィピルはステキですね。
あと、11月1日の死者の日に行ったトドス・サントスの男性ウィピルも圧巻でした!
何がすごいって、全員が同じ民族衣装だったからです!
トドスには行かれましたか?

はい。

トドスには行きました。トドスの馬競争などのための、マタ当てつきで購入した一張羅、見せたことありませんでしたっけ?男性ウイピルはトドスのしか持ってないので、大変後悔しているというわけなんです。グアテは南国の素晴らしさにも満ちてますが、山岳民族のオリジンがそうさせるのか、特に活動後期にはウエウエテナンゴの素晴らしさに魅了されていました。
アティタンの男性服なども大変素晴らしく、児島先生はなんて羨ましい人だろうと思ったものです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。