スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村の家庭訪問

2011/1/25

今日も村の家庭訪問へ行ってきました。

最近は、食糧援助を申し込む前にも家庭訪問をするようにしています。

今日訪問した家は、
診療所から山の方へ歩いて15分ほど。

お母さんは30代前半で
3歳から11歳の子どもが5人います。
夫は病気がちであまり働けないとか。
この家庭は今まで見た中で、最も貧しいレベルでした。

家は簡素なキッチン
(といってもかまどがあるだけ)、
それに家族7人で1部屋。

子どもたちのベッドですが、
よく見ると板の上に毛布を敷いただけのもの。
ここに5人で寝ているとか。
IMG_8299.jpg

部屋の反対側にお母さんとお父さん用のベッド。
IMG_8300.jpg

お母さんと子ども5人+近所か親戚の子ども1人。
IMG_8301.jpg

この家もとりあえず
食糧援助が必要でしょう。

そして、私がボランティアの任期を終えるとき
私のベッドを子どもたち用に置いていくことにします。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。