スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフラワーの収穫

2011/8/4

本日はシェカムのコミュニティー野菜園で
カリフラワーの収穫を行ってきました


子どもも一緒にお手伝い
P1070840.jpg

収穫したカリフラワーと野菜園メンバー
(左はフアンおじさんです)
P1070846.jpg


そして野菜を収穫し
空いた土地に新たにまた種を播きました。

今日は、
ラディッシュ、ビーツ、セロリの種を播きました。

P1070829.jpg


そう、これがあのシェウルの種問題を引き起こしたんですね・・・

シェウルの家庭菜園に十分な量の種があったから
全員に配布後、
余った分をシェカムにと持って帰ったから
誰かが、
私たちの分の種なのに
なんでシェカムに持ってくの

と思ったらしい。
それで、
種が足りなかったって言ったみたい。

今度するときには
隠してしようと心に決めた(笑)。


それと今日の問題は、
低体重児に届いた食糧援助の配布。

これはSESANがどのように手続きをしているのか知らないけれど
同じように申込書を送っても
届く子どもと届かない子どもがいます。

この野菜畑の仕事後、
食糧援助が届いた家庭のお母さんには
それについて伝えたのですが
中には何人か届かなかった家庭があって・・・

混乱を避けるために
「まずはリストに載っている名前のお母さんしか
明日配布する援助食糧を受け取りに来ないで」

と説明しているにも関わらず、
ある、名前を呼ばれなかったお母さんは帰り道に、

「あの・・・
名前が呼ばれなかったお母さんたちでも
明日、とりあえず食糧配布場所に行ってみるって言ってるんだけど・・・
私も行ったほうがいいの?」

なんて聞いてくる

気持ちは分かりますよ・・・

ここの貧しさだって知ってるし
お母さんたちがどれほどあの援助食糧が欲しいかも知ってます。

それなのに
なんでだろう、
こんなに自分のなかで苛立つのは。

ひとつは、
何か必要だったら
貰うことや、誰かに頼るのではなくて
なんで
どんなことをしてでも
自分で働いて得るという方向に考えられないのだろうか
ということ。

ひとつは、
たとえ食糧援助が必要でも、欲しいと言われても
リストに名前がなければ
私はどうしようもできないこと。

でも、
食糧配布をするときには
いつもできるだけ余るように配って
余った分を必要な人に回すようにしてきたのに。

私のなかでは
できることを精いっぱいしてるつもりだけど、
こっちの人からしたら
足りないんだろうね。

初めはこの食糧配布のおかげで
このグループもできたし、
シェウルのグループもできた。
そういう意味で
これまでいろいろなことが実現できたのは確かです。
でも、
正直言って
やっぱりこれは、
私には重すぎる仕事です・・・
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

でも

のうのうと暮らしてる僕らから見れば、天使の仕事にも見えるよ。
自分のものでもないのに、ズルしようという考えに抵抗が強いのも、いつまでたっても道徳教育つきで育っているからかもしれないですね。

りっぱなカリフラワー、とっても素敵です!!エスカベチェやフリトーで、トルティーヤと食べるの、いいよねえ。

Re: でも

>Kenさん


カリフラワー、立派でしょう?
これも全部お母さんたちのがんばりの結果です!!
採りたては・・・おいしかったですv-237
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。