スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JICA、西部高原プログラム会議

2011/8/19

午前中はエスタンシア小学校へ行って、
今月31日に行うリサイクル活動の説明をしてきました。
今日で11クラス、すべて終了
あとは、31日の活動を待つのみ

シェカム小学校は3回目ですが、
エスタンシア小学校は今回が初めて。
どうなるか・・・まだ分からないけれど
上手くいくといいな~


今日の午後は
JICAの会議がシェラでありました。
これは、
「グアテマラ西部高原地域改善プログラム」にまつわるもので、
今後どのようにこのプログラムを進めていくかについての会議でした。

このプログラム、
他職種・他機関との連携を謳い、
それにより地域住民の生活改善の可能性の幅を広げるというのが目的
(だと認識しています)。

私たち保健分野は
このプログラムによって農業分野と連携を持ち、
シェカム村ではコミュニティ菜園を、
シェウル村では家庭菜園を始めることができました。

しかし、JICAとしてはどうやら行き詰まり感があるらしく
新たなアイデアのために
今日の会議を持ったようですが・・・
もともと曖昧な目的の会議だったから
なんだか曖昧なまま終わってしまった感が否めなかったのは私だけ?

JICAはリスクを負うことを恐れるあまり、
積極的に動くことができず、
戦略に欠ける
(というか、それを立てることができない)ような気が。。。
これが日本の考え方なのだろうか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

役人、官僚ですから

さっちん、めぐみさんなど結婚移住などしている方、おにさんやともきーと協みたいに開業しちゃう人を除けば、協力隊ほど現地一般の人と近い境遇で暮らす人は、海外関連業務をする人でもかなり少ないのではないかと思います。もともとお金や規模でインパクトの小さい仕事に関心がもちにくいうえ、市井に入って生活レベルを味わうまで、それがどれほど大事なことなのかわからなくても無理はないと思うんですね。
決して擁護したいのではありませんが、協力隊参加する前の自分の意識を思えば、大切なことが何か判断できない人が多くても、そもそも判断できないわけですから、消極的な姿勢を非難する気にはなれないんです。震災後に、どんなエリアにどんな物資を送ったらいいのかな、と思ったときに、援助待ちの一覧サイトでも、あまりにもたくさん困っている人ばかりで、どの人を選ぶべきか迷っちゃうんです。JICAは、官僚もどきのくせに人を見下ろすようないけすかない人間が大勢いるのはとても嫌ですけどね。

Re: 役人、官僚ですから

>kenさん

私も・・・非難するつもりはないのですけど、やっぱり非難してますよね?

なんというか、リスク回避を第一にしているためにもう一歩踏み込んだことができないでいるようで、「せっかくなのにもったいないなぁ」と感じてしまうのです。

ちなみにグアテマラの日本社会(JICAにしても大使館関係にしても)は、居心地良いです。
たまたまなのかな。
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。