スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コマドローナの勉強会

2016/02/23


今日は今回グアテマラに来た目的でもある
コマドローナの集会で
私の研究結果について話す時間をいただきました。


そして今回のプレゼンテーションでは特に

リサーチ結果から

誤った認識と、不確かな知識でケアをされていた
<新生児仮死について>

コマドローナによってその認識とケアに大きな差があり、
母体死亡に繋がりかねない
<弛緩出血について>

この2点を説明することにしました。


ここでは、
新生児仮死について書きたいと思います。


まずは、新生児仮死の原因となる胎児の低酸素状態について。

それを予防するために

胎児心音の聴取をする重要性
→これは今でも妊娠期・分娩期ともに
聴取している人とそうでない人がいます。

ある研究結果では
分娩期にCTG(胎児心音と陣痛を記録する器械)を使用しても
胎児の死亡率減少には繋がらず、
逆に緊急帝王切開率が上がり
その効果を疑問視するというリサーチもあります。

しかしながら、
お腹の赤ちゃんが元気であるかどうかは
やはり心拍と動きで判断するしか方法はありません。
胎児心音の聴取は
重要といえるでしょう。

胎児心音の正常値の確認
→これは例え胎児心拍を聴取していても
正常値を理解していなかったら意味がないので
確認をしました
(実際、インタビューでは正常値を
「赤ちゃんが苦しんでいるサイン」と理解しているケースあり)
赤ちゃんの心臓は小さくて
血液を送り出す力も弱いので
心拍数は成人の1.5倍ほど、とても速いのです。


そして、チアノーゼの原因から考える
新生児仮死の時に必要なケア
→チアノーゼの紫色を
「分娩中の打撲が原因」と言っていた方がいたので
チアノーゼがどのような状態で
何が必要であるかを説明。

そこから
新生児蘇生の重要性を説明しました。

実は、私が今回のこの研究を始めるにあたり
1番の動機になったのが
ここにあります。

日本では、
妊産婦死亡率も周産期死亡率(妊娠22週以降から早期新生児期の死亡)も世界トップレベルで低いので
あまり知られていないと思うのですが、
世界の妊産婦の死亡も、
生まれたばかりの赤ちゃんの死亡、
実はその98〜99%は開発途上国で起こっています。
(Carlo et al.,2010; McClure et al., 2011; WHO)

グアテマラでは
妊産婦死亡の予防が
コマドローナのトレーニングでメインテーマになっていますが
新生児仮死に対して
積極的なトレーニングをしているところを見たことはありません。
そして
日本では考えられないことですが
死産については統計が取られていません。

これは世界的な傾向で
WHOでさえも死産を未だに統計の対象としていません。
それほど、開発途上国で
死産や出生直後の死亡を把握するのは困難なことであり
また、妊娠・分娩期はそれ以外に優先すべきことがあるのだと
認識されているのが現状であると言えるのでしょう。

さて、
話をグアテマラに戻します。
村にいる頃、
死産や生まれたばかりの死の話を聞いたり、
実際に立ち会うこともありました。

こちらでは、
悲しいことにそれが珍しいことではないのです。

しかし、
お母さんの嘆きは同じです。
家族の悲しみはどこの国でも変わりません。

赤ちゃんが生まれるのを待ち望んでいたお母さんや家族にとって
死産ほど悲しいことはありません。

そして、
グアテマラの村の分娩で
救える命をできる限り助ける方法は
コマドローナの新生児蘇生だと思うのです。
正しい基本的な蘇生で
新生児の90%は助かると言われています。

コマドローナには
正しい蘇生を身につけてもらい
新たな命を一人でも助けてもらいたい、
そんな思いからこの研究をしたいと思ったのです。

限られた時間の中で、
しかも1回だけだったことから
今回は蘇生の重要性程度しか説明をすることができませんでしたが、
保健センターの看護師のエスメラルダさんを含め
興味を持ってもらえた手応えはありました。
ただ、これを教えられる人がいるか・・・

課題は山積みですが
少しずつ変わっていること。
これは、
コマドローナの方々の発言から
明らかに感じ取れます。


最後に全員で。
DSC_0037.jpg


夜は、ハイメとミシェルと
ホットチョコレートを飲んで、
フライバナナを食べました〜


今日のメンバー
michi2.jpg


今日のこのホットチョコがおっきくてですね・・・

DSC_0059.jpg
このカップの大きさ、わかります


そして、バナナ。
michi1.jpg
シエラの中心地のシアター前で
揚げてます

これだけで、
ハイカロリーなんだろーなー
と思いつつ
食べちゃった


今日は満月だったのかな。
月が綺麗でした


いつも笑わせてくれる、ミシエル
michi4.jpg


michi3.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。