スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアテマラの新聞

10月25日 (日)

日曜日だけ新聞を買っています。
もちろん新聞は毎日売っているのですが
読むのが追いつかないから、週に1回。
しかも日曜日は新聞小さな雑誌2冊(1つはサッカーについて)ニューヨークタイムズのおまけ付。

今日の一面記事は
経済危機により貧しい人たちを助けているNGO組織が
十分な運営資金を得られず困窮しているというものでした。
私が驚いたのはその横にあった専門家による批評です。

1.経済危機による、NGOへの寄付の不足をどうみるか?  
確かに、貧しい高齢者や孤児が犠牲になることは知っているが、 
国として彼らを助けることは優先することではない。


2.危機は経済だけ?それとも何か別の要因があるのか?
残念なことに国民の71%は社会保障がない状態で生活している。
明るい老後がみえるのは社会保障があるわずかな人々だけだ。
そして、父親が無責任であることも問題である
(多くの男性が子どもと母親を見捨てている現状あり)。
男性の意識改革がなされない限り孤児は増え続けるだろう。


3.グアテマラ人は助け合いの気持ちを忘れてしまったか?それとも経済危機に縛られているのか?
人々は助け合いの精神は忘れていないが、
なんせ収入は減るし支出は増えるという状態で
そちらを優先しなければならない。
それに無職では献金なんてできない。


4.これらのNGO組織がこの危機を乗り切るためには?  
唯一残された道は、外国に頼ること。

この専門家の意見に、目が点になりました・・・
なんとも他人事意見なのでしょう。
良く言えば客観的に物事を捉えているってこと?
いや、私には「自分は関係のないこと」にしか聞こえないのですけれど。
専門家として公に言ってしまえるこの人も
そして、それを記事にする新聞もすごい!
何か一つでも(外国に頼るだけでない)解決策を提案する記事なんかを載せる方が有益な気がしました。

はぁ。。。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

えーーー!

これ、新聞記事なの!?
なんかすごいなー。てか、全然解決策じゃ
なくね!?

No title

エルサルに行ったとき、衝撃をうけたのが、

"うちの国のGNP比第2位の産業は、USAに出稼ぎ行ってる人からの送金なの"って聞いたこと。本当か調べたことはないんですが、多くの中南米諸国では米国に農地解放や財産再分配などの社会民主政権樹立の動きの時、CIAの裏工作などに倒れてしまっているようです。

今もレジスタンス的にやっている人は多くいますし、日本からの支援組織もありますが、皮肉なことにいまや米国無しでは国家がやっていけない状態にあるところが多いようです。ベネズエラのチャベス政権があんなにビッグマウスなのは、オイルマネーがあるからなんですが、そのほかの国ではなかなか米国のご機嫌を損ねるようなことはできないと多分沢山の人が思っていて、かつそのような元凶となったと信じられている米国に依存状態にあることを痛烈に不快と思ってもいて、自分らではどうにもならないという諦観もあり、でストレスも溜まるようですね。

サンカルロス大学主催で、たしか今ぐらいからChabela en conciertoという、骸骨が語るグアテマラの歴史ミュージカルみたいな催しがあるんですね。これはかなり痛烈に恨みや卑屈にならざるを得ない現状を憂いていたりします。是非帰国までに行ってみたらいかがでしょうか。

Re: No title

モナちゃん

このコメントは日本じゃありえないよね~
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ビスっち

Author:ビスっち
Bienvenidos!!

2009年秋から青年海外協力隊としてグアテマラに派遣されました。
ケツァルテナンゴ県カンテル市にあるシェカム村の診療所で看護師として働いてから帰国。日本に帰った後も、村との関係を持ち続けながら活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。